「映画」を含む記事

レンタルしたいDVDがあります。 それは...
コララインとボタンの魔女

at-night.jpg

あー観たい、観たすぎる!!

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の同監督なのは言うまでもないスね。

設定は僕が愛して止まない『パンズ・ラビリンス』と似たトコがありますが

こちらはパンズ〜に比べ多分希望があるカンジ...

coraline-creepy.jpg

こんなのも出てくるところ、パンズ〜の影響が少しは入っているカモ。


どんなに気が合っていると感じていたとしても
お互いの考えなんて、ほんっと、一辺倒ではないんだなぁ...
ども、あーやんです♪

おなじみ最近みてきた映画のご紹介
7d20f36d-s.jpg
「ノルウェイの森」

1987年に刊行された村上春樹の小説「ノルウェイの森」。
自殺した親友の恋人だった直子と
大学の同窓生・緑との間で揺れ動く主人公ワタナベの
青春のもがきを描いた究極の恋愛物語。
監督は『青いパパイヤの香り』のトラン・アン・ユン。

ワタシは村上春樹ファンです。
彼の多くの小説の中でも
「ノルウェイの森」はどちらかと言うと
好きな小説ではありませんでしたし
読んだのも何年も前なので
内容もうっすらとしか覚えていませんでした。

おそらく、小説の内容をほとんど忘れていたのもあるのでしょう。
おそらく、映画を見た人の8割は「おもしろくなかった」と答えるでしょう。
わたしは、でも、おもしろかった。
とてもおもしろかったです。
映像はとても美しかったし、静かで激しくぶつかる感情がステキだった。
そして、緑(水原希子)がものすごく美しかった...

「春樹ワールド」を再現できたかと問われれば違うけど、
この監督なりの「春樹ワールド」を表現する志は理解できたし
実際、監督は満足していると思います。

映画のノリ的には、大きなスクリーン向きではなくミニシアター系。
だから皆さまには「絶対見た方がいいよ!」
とは言えませんが、
ワタシの中では今年の映画ベスト3には必ず入ります。
気になった方は是非♪
★★★★★

最近みた映画のご紹介!

saraba_d_1_1b.jpg
さらば愛しの大統領

内容の説明はあんまり必要ないかな。
あんま関係ないんで...www

言うことはあんまりないんですが...
バラエティー番組くらいには面白かったですよ
芸人たちがいっぱいあつまって
自分たちの観賞用に作りましたっていうノリのコメディーです
鑑賞中のお客さんはよく笑ってましたよ
大好きな芸人がいるなら、きっととても面白いものだと思います

肩の力をぬいてダラーっと見たい人におススメです
DVD鑑賞向き
映画館で見るには...★★☆☆☆

またまた、、、、
最近見てきた映画をご紹介♪w

大奥.jpg

大奥
よしながふみ作のコミック:男女逆転歴史絵巻「大奥」を映画化。
男性にのみ感染する赤面疱瘡という病気の為、男性が激減。
そこで、将軍は女、構造が出来上がった
これは、大奥で仕える美しき男たち三千人のお話です。
監督は「池袋ウエストゲートパーク」をはじめ多くの作品を手がけ
スピード感あるストーリー展開で定評のある金子文紀
えっと...なにから話しましょうか...ww
いや、何がまちがっていたのかしら?というべきか
このコミックを映画化したこと自体
間違いだったのではないかと...www
「大奥」ならではのドロドロした人間模様はなく
サラッとしたゲイ集団の物語
話がダメ、編集がダメ、役者がダメとかの問題ではなく
全てが間違った、という印象でした
★☆☆☆☆

悪人.jpg

悪人
ヒロイン役の深津絵里さんが
第34回モントリオール世界映画祭の最優秀女優賞を受賞。
芥川賞作家、吉田修一氏の小説「悪人」を映画化。
「本当の悪人は誰だと思いますか?」という作品。
原作がある映画は大抵、
約2時間という枠に集約する為に
原作のどこかのエピソードをごっそり省き、
前後のつじつまを合わせるために
原作にはないヘンテコなエピソードを追加するものなのです
でもコノ映画にはソレがほとんどない。
原作の印象そのまま、ほぼ忠実で
この小説ファンの期待を裏切らない作品になっていると思います
ワタシは福岡出身なので
福岡を舞台とするコノ作品は馴染みがあって入りやすかった...
★★★☆☆

ORG_20100416000201.jpg

乱暴と待機
劇作家、演出家、小説家:本谷有希子の
連日満員を記録した舞台作品を小説にし、さらに映画化。
監督は『パビ リオン山椒魚』『パンドラの匣』の冨永昌敬。
俳優陣は浅野忠信、美波、山田孝之、小池栄子の個性派4人。
"覗く・覗かれる"という歪んだ愛情表現しかできない男女と
ひと組の夫婦の奇妙な関係を描く。
人間模様や出来事がやけにリアルで
ちょっとだけネジがはずれたら
こんなことになっちゃったよ。。。
って感じの皮肉なラブコメディー映画です
なんやろ、独特なんで個人差はあるとは思いますが
コメディーなんだけど
ドロドロした人間くさい雰囲気があって
おもろかった、何回もプって笑ってしもた
★★★★☆

丸々1ヶ月。
バタバタ大忙しでお休みしていた映画鑑賞。
ひさびさに行ってきました♪
今回はワタシにしては珍しく、
友人と一緒の鑑賞となりました。

ミックマック.jpg

ミックマック
「アメリ」でおなじみジャン=ピエール・ジュネ監督作品
頭にピストルの弾が埋まってしまったバジル。
30年前、地雷で無くなったバジルの父。
このことがきっかけで
バジルは二つの兵器製造会社に仕返しをしようと立ち上がる。
奇想天外なドタバタファンタジー
セリフは少なめ、BGMはポップなタンゴが常に流れていて
映画というより芸術映像のよう
かわいいイタズラで仕返しをする演出が
いかにも、この監督らしい。
前作「アメリ」とは全然ちがうストーリー設定なのに
「アメリ」感が漂っているのが不思議
ミニシアターなのに満員御礼。
さすがジャン=ピエール・ジュネですね。
女子は大好きだと思います♪

海猿.jpg

海猿 ザ・ラストメッセージ
日本映画史上初めて海上保安庁が全面協力した
海洋エンタメの続編。
舞台は前作から2年後。日・韓・ 露が共同開発する海洋油田。
ザ・ラストメッセージの意味するところはなんなのか!?
ワタシはアクションとラブストーリーをあまり観ないので
この海猿も同類としていて
今まで映画やドラマも全く観ていませんでした
CM「リポビタンD」のノリは否定できませんがwww
面白かったですよ
前作もすべて観てみようかなと思えた作品。
ちなみに...
今年度、邦画部門の興行成績No.1予想だそうです。

夏休みも終わると同時に、子ども向けの映画も上映終了となり
続々と気になる作品が増える毎年この季節。
映画好きにとっては大忙しとなります
ども、あーやんです
最新の映画をご紹介♪

トイレット.jpg
トイレット
「かもめ食堂」「めがね」でおなじみ萩上直子監督の最新作
マイペースでバラバラに生きてきた3兄妹が
母親の死をきっかけに、母親が生前日本から呼んだ「ばーちゃん」との
交流を通じて心を開いてゆく物語。
彼女の作品は他には類を見ない程、丁寧さを感じます
カメラワーク、小物のチョイスから配置、指の動きに至るまで
そして、ユルユルの中にも
ときおりプスッと笑わせてくれる絶妙なシナリオ。
忘れてはならないのは、毎回出てくる目玉料理。
今回はギョーザ。
完璧!! 期待を裏切らない良い作品です、
星5つ!
ぜひ

東京島.jpg
東京島
桐野夏生「東京島」を映画化。
無人島に漂着した23人の若い男と、ひとりの中年女。
男たちは何を糧に生きていくのか
そしてたった1人の女は、
男たちとどう向き合って生き、何を考えるのか...
いわゆる草食男子と肉食男子が共存する今
昔の話でも未来の話でもなく、現在に生きる者が
もし孤島に漂着したらどうなるか...という
小説の「東京島」では描けなかったところを
上手くビジュアルで表現できているのではないでしょうか?
監督は、きっとかなり注意をして人選されたのだと思います
小説を読んだ読んでない関わらず
楽しめる作品だと思います。
ただ、、、気になる点がひとつ。
音響がだいぶいまいちです。w

あーやんが見てきた映画をご紹介♪
最近ではあおなさんの影響を多分に受け
観る映画のジャンルも増えました♪ アニメが...ww

アリえっティ.jpg
宮崎駿氏の企画・脚本のスタジオジブリ作品
人間の物を少しづつ借りながら生活する「借りぐらし」という小人のアリエッティと男の子の
友情にも恋にも似た物語。
物語の結末のあり方に
賛否両論あるようですが...
ワタシはこれで正解な気がしますね♪
ただ、細かい動作や表情の描写は
やっぱり駿さんが最高なんだなぁ...と思いますw

ソルト.jpg
ソルト
CIA職員のソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は
謎のロシア男性の告白により
ロシアの二重スパイの嫌疑をかけられる。
はたして彼女は本当にスパイなのか? という物語。
女性版「ボーン・アイデンティティ」といった印象
企画の段階ではトム・クルーズを主演にという話だったらしいが
彼女に変えて正解だったのではないでしょうか?
この終わり方。
シリーズ化を狙ってのことでしょうね
星2つってとこですw

カラフル.JPG
カラフル
森絵都さんの小説をアニメ映画化。
大きな過ちを犯して死んだ"ぼく"の魂に
再挑戦するチャンスが与えられ
下界に戻り、ある中学生の体に入り込んで生きることになる。
輪廻転生を題材とした。。。。ありきたりな物語www
2時間半もシートに縛られたあげく
これはないんぢゃないの!?
というくらい全然興味深くもなければ、おもしろくもない
ワタシ的には星ゼロです!! 久々やられました。

ヤギと男と男と壁と.jpg
ヤギと男と男と壁と
かつて米軍に超能力部隊が実在した
というノンフィクション小説をベースにしたドラマ。
超能力部隊の元隊員と新聞記者の
奇想天外な旅。
そして超能力部隊の実態はなんなのか?
面白くなってくるのは後半から。
前半はちょっと退屈。。。
でも、本当に米軍にこんな部隊があったのだと考えると
信じられなくてなんともおかしい♪


まぁ、今回は「当たり!」というのは、ほぼなし。。。
辛口すぎますかね? ごめんなさい、、、
かなり偏った意見ですので
これから観に行くのに...という方は
参考程度にしていただいて
楽しんできてください!!w
では♪

先日観たDVDの中から...とても印象深かった映画をご紹介
mmm23.jpg
「ブタがいた教室」

賛否両論を呼んだ授業の実話を映画化。
1990年。大阪の小学校の先生は、ある日
「生後2ヶ月の子ブタを飼育して、その後食べよう」と生徒らに提案する
「Pちゃん」と名付けられたブタは、
子どもたちに愛され、家畜ではなくクラスのペットとなっていく。
食べるか。食べないか。
子どもたちの卒業を控え、Pちゃんの処遇を巡って大論争が展開される。
「食べる13人、食べない13人」
さて、子どもたちの最終結論はどうなったか?

ここに登場する子どもたちは
演技とは思えないほどリアルで、議論も白熱しているように見えます。

実際、子どもたちに手渡された脚本は、なんと白紙。
物語の結末を知らされていない26人の子どもたちは
ケンカし、涙し、自分の答えを見つけようと真剣に議論しています
「いのちの責任をとるということ」
大人でもむづかしい問題に立ち向かう姿に心うたれます

この映画で子どもたちと向き合ってみてください
子どもって本当にたくましいです


携帯からはコチラ

2010年10月。
SMAPの木村拓哉さんが声優を務めるアニメ
LEDLINE」が公開される
ジブリ映画「ハウルの動く城」では
すばらしく男前な声で
日本中の女どもをウットリさせてくれましたが
今作はどんな声を奏でてくれるのでしょうか?

他にも俳優陣で声優を務めるのは
蒼井優さん、浅井忠信さん

原作、脚本、音響監督は
映画「鮫肌男と桃尻女」「茶の味」の石井克人氏

「日本公開を前に海外から高い評価を得ている」
と、前評判も十分ですが
おもろいの!? ねーーーおもろいの?!!!

最近あーやんが見てきた映画をご紹介♪
今回はかなり個性的な映画ばかりを見てきました
kokuhaku500.jpg
告白
映画「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」
テレビドラマ「私立探偵 濱マイク」
などなど多くの作品の監督を務めた中島哲也氏が
ベストセラー小説「告白」(湊かなえ著)を映画化。
いままでなかった全くあたらしいミステリー
映像や音楽は美しく鮮明で
どこまでも残酷で皮肉な内容。
ラストのやり過ぎな感じはいただけませんが
ワタシはぜひオススメしたい作品です

img_1494609_61170699_0.jpg
シーサイドモーテル
今風のハチャメチャ映画。
モーテルの4つの部屋で起こったそれぞれの出来事が
「騙す」をテーマに進められ、微妙に混じり合っていく...
よくあるパターン。www
う〜ん、、、おもしろくなくもないが、おもしろくもない...
おしゃれ感漂ってはいるが、そんなにおしゃれでもない...
見てもいいが、見なくてもいい
そんな映画です、、、ごめんなさい


big.jpg
エンター・ザ・ボイド
「カノン」「カルネ」「アレックス」と衝撃的な映像作品を残す
鬼才:ギャスパー・ノエの最新作
今回もがっつりショックをうけてきましたwww
極端すぎるほどの色彩や
浮遊したり、天地なくグルグルまわる映像のオンパレード
気分も悪くなってくるし
あまりにもリアルな描写に目をつむることもしばしば
だけど、彼のカメラワークは芸術としか思えません
どうやって撮ってんだ、コレ!?と思わせてしまうような高い技術と
誰にも思いつかないような斬新な発想。
他の映画監督にはない独特のカラーを持っています
ギャスパー・ノエ好きならぜひ!!

趣味はなんですか?という問いに
「映画鑑賞」
こう答える人はとても多いですよね?
でもよく話を聞いてみると
「映画館へ頻繁には行かない」という人がほとんど。。。
家でまったりDVD鑑賞もいいですが
未来のいい作品制作のために
ぜひ映画館の大きなスクリーンで楽しみましょ♪

alice_in_wonderland_depp1.jpg
ALICE IN WONDERLAND
ティムバートンらしい世界観と
彼のお気に入りのキャスト
アリスが再びワンダーランドへ行くというお話
可愛くてヘンテコでキレイで、ワタシ好みでした♪

タイタニックを抜いて世界記録を更新した
ジェームズ・キャメロン監督の映画「アバター 3D」
見に行ってまいりました。
アバター.jpg
みなさまはもうご覧になられましたか?
内容については、予告PV通りなので
省いていいですよね?www

1月17日 5時46分 阪神淡路大震災
そのころワタシは福岡にいたので体験していませんが
体験した友人は当時を振りかえり、こう語っていました
「被災地は絵に描いたような地獄の風景だった」
あれから15年後。
ちょうど昨日、ワタシが友人との新年会から家に帰りついた時刻 1月17日 5時45分
奇跡のニアイコールにバチが当たりそうな気がしています
被災者の方々に哀悼の意を表します

どもあーやんです
映画「アリス・イン・ワンダーランド」の4月公開に先だって
日本テレビの展示企画「アリス・イン・ワンダーランド展」を開催したTim Burton(ティムバートン)

彼は今「ニューヨーク近代美術(通称:MoMA)」でも
展覧会を開催しています
tim-burton-moma-show.jpg

eso_kinosita.jpg

昨日木曜日、読売テレビで始まったドラマ「木下部長とボク
見られましたか?
ワタシは録画しただけで、まだ見ていないのですが
出演者 板尾創路・松本人志・宅間伸・高橋ひとみ・他
脚本・演出は大宮エリー
過去、映画「男はソレを我慢できない」の監督
TVドラマでは「room of king」の脚本・演出をしています

今春、最も注目しているドラマ
期待しております♪

さて、ここで主演を務める板尾さん

kamome_shokudo.jpg

「かもめ食堂」
おいてあるのは、おにぎりセットとコーヒー
こんな「ゆるカフェ」やってみたくなりました

ゆってぃのフレーズが頭から離れません。。。。

ども、あーやんです♪

alice_in_wonderland2.jpg

3D実写映画「Alice in Wonderland(不思議の国のアリス)
2010年に公開です♪

友人が言いました
「彼らの音楽は、才能しか感じない」

S.R.S

北九州在住の10代、ギターロックバンド。
北九州高専で、在学しながらバンドを結成し
当初は、楽曲も英詩のみだったというから
そうとうの勉学においての優秀さがうかがえる

彼らはUKをかなり意識しているようで
ワタシはその分野には無知に等しいのだが
曲をきいてみると
サニーディ・サービスとThe Monkeesを融合させたような...(?)w
やさしいメロディラインと
す〜っとカラダに浸透していくような懐かしさ
そして、10代が持つ特有の初々しさとトゲトゲしさが
絶妙なタイミングで見えてくるような...
う〜ん。。。。説明がむずかしい...www

人はだれでも1つは
なにかしらの才能をもっている
彼らに何の才能が見えたのか?
楽曲、惹きつける歌声、売れる才能、センス...
「才能しか感じない」と言いきったそのコトバに
最初は面くらっていましたが
今やミョ〜に納得。。。。
非常にどのバランスもとれているバンドではないかと思います

ワタシは「行動ブス」だと言われましたw
顔や性格、体型、雰囲気ではなく
頭が悪いとかでもなく...
行動が「ブス」ですwww
初めて聞いたコトバでしたが
結構気に入っています♪


さて、昨日水曜日はレディースディー!!!
映画「バーン・アフター・リーディング」見に行ってまいりました♪

バーンアフターリーディング.jpg

お金は神なのか?
お金は紙なのか?

ニセ札.jpg

キム兄こと木村祐一監督作品
実在の日本史上最大のニセ札偽造事件を題材として
お金がすべての現代社会へ投げかけるアンチテーゼ

小学校教頭として人々から慕われているかげ子。
ある日、かつての教え子から新千円札のニセ札作りを持ちかけられる。
村の名士の元軍人や紙漉職人、写真屋らとグルになり
やがて村ぐるみのニセ札作りがはじまることとなる

img.jpg

就職もできずにアルバイト生活を送っている鈴子
ひょんな事件に巻き込まれた彼女は
人との関わりを避けるように
家族のもとを離れ
百万円が貯まるたびに
誰も知らない土地へと移り住むことにする
海の家、モモ畑、
行く先々で働きながら、様々な人たちと出会い
温かさに触れるが、その関係から逃げていく
そんな中、はじめて自分の心を打ち明けられる恋人に出会い
幸せな日々を送るが......。

ローリングストーンズのメンバーの1人が
彼女の印象をこう語っています

彼女は美人でもなく
個性的な性格なわけでもない
ただいつもそこにいる
空気のような人だ


Annie Leibovitz(アニー・リーボヴィッツ)


アメリカの女性写真家です

アニーリーボヴィッツ1.jpgのサムネール画像

ローリング・ストーン誌のジョン・レノン追悼号の表紙

ジョン・レノンが暗殺される数時間前。
彼の最後の記録は彼女によって残されました

風邪を引いた!!と思っていたら
どうやら花粉症みたいですw

さて、本日はワタシの
もっとも好きなartistを紹介します♪

バスキア2.jpg

basquiat.jpg

Jean-Michel Basquiat(ジャン=ミシェル・バスキア)

ラースとその彼女.jpg

映画「ラースと、その彼女」
http://lars-movie.com/

心優しい主人公ラースが恋人ができたと紹介したのは、等身大のリアルドールだった

という、なんともおかしな設定に惹かれて見に行ってきました。

携帯用QRコード

携帯サイト用QRコード
このQRコードから携帯サイトをご覧いただけます

About me

プロフィール画像
制作部として出版のレイアウトを手掛けています。人・モノ・場所。いろんな「お尻(知り)あい」で私はいろいろ変化する。賢くなったり、衝撃をうけたり、ホッコリしたり、ときめいたり……そんな「お尻あい」を紹介していくブログです。

Calendar(カレンダー)

Add Clips(アドクリップ)