「小説好き?」を含む記事

今回は感想ではなく
今ほしいなぁ〜読んでみたいな〜と思っている本の紹介。

本という概念「人に活字を読ませる」を
良くも悪くも崩壊させた本。

紙葉の家.jpg
「紙葉の家」Mark.Z.Danielewski著

外見は普通の単行本ですが、本文がすごい
紙葉の家本文.jpg

(ぜひぜひ画像をクリックしてアップでご覧下さい)

本の内容は、ホラー小説になっており
主人公がだんだんと混乱し、奇怪な状態になっていく様子を
活字の配列で表現したというもの

作者が訴えたかったのは「文字の恐怖」

文字配列だけでなく
線で消す、×印、交じるフォント、青く浮かび上がる「家」の文字
さらにスペイン語・ギリシャ語・ヒンディー語・点字まで出てきてグチャグチャ。。。
これがなんとも言えない恐怖感を煽ってくるようです

肝心の小説の内容もかなり濃く、複雑怪奇で
800ページのぶ厚い本を2日で読んでしまった人がいるほど...
とても読んでみたい一冊です。

ども、あーやんです♪
最近、白熱してきている電子書籍。
なんといっても本を持ち運ばなくていいのがいいですよね
一個の媒体(スマートフォンやらipadなど)で、
音楽聴きながら、小説も読んだりできるので
いつもバッグが重い女子には大助かりです

今日は電子書籍版で売っている小説のご紹介
(もちろんふつうに文庫本も存在しますよ)

imgイン・ザ・プール027.jpg
「イン・ザ・プール」奥田英朗
2002年に出版され、直木賞候補となった作品

訪れた神経科にいたのは
巨体を揺らし、やたら注射を打ちたがるヘンな医者・伊良部。
伊良部医師の元を訪れた悩める者たちは
その稚気に驚き、呆れ...。どっちが患者か分からない!
でもどういうわけか、最後には患者のビョーキは治っている
医者・伊良部は利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。
水泳中毒、ケータイ依存症、勃起が直らない、など
ヘンなビョーキの人々が病気と格闘する姿を描いた連作短篇集。
ドクター伊良部シリーズ、第1弾!

これがね、おもしろいんですよ
患者は真剣にビョーキと戦い
社会に馴染んでいこうと必死なので
伊良部医師のヘンテコなアドバイスの数々に耳を傾け
次々と実行に移していくんです
その様がなんともおかしい
何回も笑ってしまいますよ
オススメですが、
電車の中ではお気を付けあそばして〜

4150116792.jpg
天の光はすべて星」 フレドリック・ブラウン (著)

少し前になりますが
某国大統領の「火星をめざす」発言や
宇宙飛行士・山崎直子さんと野口聡一さんの二人が
日本人同士で初めて宇宙でランデブーしたりと
なにかと話題の多かった宇宙開発事業。
科学技術の発達には目をみはるものがあります。
「週末には火星でバカンス」なんて日が来るのでしょうか?

携帯やインターネット、3Dテレビに立体コピー等々
子供の頃に絵本や雑誌でみていた「未来の世界」が現実になりつつあるなか
なにか子供の頃に想像していた(期待していた)未来とは違った
違和感のある世界の中で生きているようにも感じます。
大人になって価値観や考え方が変わってきたからというのもあるかもしれませんが><
技術や物質面では確かに進歩しているとは思うのですが
代わりに何かをなくしていっているような、失ってしまったものも多いんじゃないかと。

具体的に何を?と問われれば
上手く言葉では表せないのですが...。

今回のタイトルにもなっている小説は
そんな失ってしまったもののヒントを教えてくれるかもしれません。
あ、もちろん某ドリルアニメもおススメです。

暑くて寝苦しい日が続いていますね。。。。

ここんとこ
サボリ気味のおケツブログ。
特定の人にしかココの存在は
教えていないのですが
ウワサなのか?
徐々に広がりをみせているようですwww

「元気にしてるの?」「最近アップしてないね」など
個人的に心配のメールもいただくようになり
うれしいかぎりです
これからも末永く(?)お付き合いいただきますよう
お願い申しあげますw

さて、まだ読み終えてはいないのですが、、、、

51DFFD010VL._SS500_.jpg

石田衣良著「ブルータワー

おもしろいです。
ガン末期の主人公が
強烈なガンの痛みをかんじると
2222年の世界に魂が飛んでしまう
というお話

少しだけ政治なども絡んでいて
読む速さも
rowスピードになってしまいますがw
先が気になっている一冊です

51HDYXRVKQL._SS500_.jpg
ガダラの豚(全3巻)


始めに言っておきます。
らもさんの文章は下品ですw
だから最初はあまり好きではありませんでした
この「ガダラの豚」を読むまでは...

携帯用QRコード

携帯サイト用QRコード
このQRコードから携帯サイトをご覧いただけます

About me

プロフィール画像
制作部として出版のレイアウトを手掛けています。人・モノ・場所。いろんな「お尻(知り)あい」で私はいろいろ変化する。賢くなったり、衝撃をうけたり、ホッコリしたり、ときめいたり……そんな「お尻あい」を紹介していくブログです。

Calendar(カレンダー)

Add Clips(アドクリップ)