「仕事」を含む記事

う〜ん、オンデマンド機DC5000の調子が悪い

印字面に何やら黒のトナーが進行方向に薄く付いている...
この現象、以前にもありやした...
たぶん過剰トナーを回収するボトルまでのルートで
トナーが逆流、もしくは詰まっているか、だったかなぁ。

コレのおかげで手間が非常に増えて
日常業務に支障をきたすナ...
自分で直すのも手かも知れないけれど
ちょっと迂闊に手を出せない部分でありますからして
もうサービスを呼ぶしかないです。

しずかちゃん、お願い!!


...ってなことを記事にストックしておいたのですが、
早速担当サービスの『しずかちゃん』が本日修理に来てくれました。
原因はブラックドラムカートリッジ手前に
黒トナーのよごれが付着していたよう...

流石は『しずかちゃん』、仕事が早い!
午前中で修理作業が完了し、颯爽と去っていきました。
いつも感謝です!


WORK前線.jpg
あんまり遊んだ記事ばかりだと
お怒りが来そうなので、ここらでちょいとお仕事の話。
ども、あーやんです♪

本の表紙ってのは
題名やデザインが中味を象徴するところですよね。
装丁デザインをするにあたって、一番むつかしいのがソコ。
どんな内容の本なのか把握することからはじまり...
クライアントの頭に描いているイメージを想像し...
表紙と中味がイコールであるように制作します。

そして、クライアントによっては
持ち込まれた画像の使用を依頼されます
そうするとハードルが一個上がるわけです
なぜか? それは、
中には、使いづらい画像を持ち込まれるからですw
ピントが合ってなかったり、サイズが小さな画像だったり、曇り気味の暗い画像だったり...

それでもクライアントは、
決して安くはないお金を払って
自分のオリジナル本を作るのだから、気合いフンフンっ。
当然ですよね。
そして、デザインしまっせ!!という会社に依頼しているのだから
期待もはんぱぢゃねぇ〜 あ〜こわいです、プレッシャーです。。。

でもね、そう思いながら
何点かこなしてやっていくうちに
最近では、なんの修正もなしに一発OK!
ってのも頂けるようになったんですよ
こういうのって、すんごくウレシイ♪

本カバー.jpg
(左)小説。なんにも要望がなかった依頼(これもまた逆にむつかしい)
(中央)自己啓発系。木のイメージを使用する+結構な文字量の表記の依頼
(右)自己啓発系。持ち込み画像を全面に使用の依頼


クライアントの意向に合った! ということですよね!?
ちゃう? 妥協???www

では、また

WORK前線.jpg

ワタシたち、印刷物を制作する上で、切っても切り離されない仕事。
「切り抜き」

「コレ切り抜いて」という要望があればなんでも切り抜く。
それは人の全身だったり、顔だったり、商品だったりといろいろ...

以前、水着姿の男性の切り抜きを頼まれたことがある
どちらかというとマッチョタイプの男性で
カラダは右斜め45度、真っ白な歯がまぶしいくらいの
とびきりの笑顔でコチラを向いていた

携帯用QRコード

携帯サイト用QRコード
このQRコードから携帯サイトをご覧いただけます

About me

プロフィール画像
制作部として出版のレイアウトを手掛けています。人・モノ・場所。いろんな「お尻(知り)あい」で私はいろいろ変化する。賢くなったり、衝撃をうけたり、ホッコリしたり、ときめいたり……そんな「お尻あい」を紹介していくブログです。

Calendar(カレンダー)

Add Clips(アドクリップ)