「サントリーミュージアム」を含む記事

今年いっぱいで閉館が決まった「サントリーミュージアム 天保山」の
最後の展覧会が開催中です。

poster_photo01.jpg
「ポスター天国 サントリーコレクション」

もともとグラフィックデザインや20世紀のアート&デザインを
ひろく紹介しようということから
1994年サントリーミュージアム[天保山]は誕生しました
そこで最後の企画は、原点に立ち返り
グランヴィルコレクションとその後の収集により充実した作品群の中から
約400点をギャラリーだけでは入りきらず
ロビーも使って展示しています。

c0222076_18415783.jpg dscn7172-759313.jpg poster_photo06.jpg

有名画家が手がけた世界中のポスターから
日本の昭和初期の和洋折衷なポスターまで

私たちが普段
つり広告などで見ているようなポスターとは違い、
芸術と広告のニアイコールを感じる展覧会になっています

最後のサントリーミュージアム
ぜひご覧あれ〜

人が言う「キライ」の奥には「スキ」が必ずあります
その証拠に
本当にキライなもの(こと)に対しては、人はまず触れようとはしません。
話のネタにもならないということです
「あの人キライ」「あれキライ」と言っているうちは
キライと思うほどの興味があるということ
それは「スキ」と言っているのと同じなんですよ

「死」に対してもワタシが感じるかぎり、
「イヤ」ゆうてるけど
みんな結構好きだね〜と思うことが多々あります
たとえば...
誰が結婚したという話より
誰が死んだという話は
葬儀の日に間に合うくらい一気に広がる...とかね、? ww


サントリーミュージアム天保山で展覧会「レゾナンス(共鳴)」が開催されています

1781_6214.jpg

小谷元彦 
SP4 the specter -what wonders around in every mind-

昨日、会社の仲間と一緒に
最後のマンガ展 大阪版」にいってまいりました!!

最後のマンガ展2.jpg
エントランスにて 7.4×6m

inoue.JPG

現在、日本で最も多くのファンをもつマンガ家
井上雄彦氏

「バガボンド」「スラムダンク」「リアル」。どの作品も大ヒットで
手塚治虫文化賞マンガ大賞、
文化庁芸術選奨メディア芸術部門新人賞など
多くの賞も受賞している実力派

このクリ博.jpg

この街のクリエイター博覧会4
10月2日〜12月5日

第4回を迎えるクリエイターのためのイベント
毎年行われていたとは
存じませんでした。。。

12月5日最終日には
「血と骨」「カムイ外伝」でおなじみの
崔洋一監督をゲストに迎えて
映像エキジビジョンが行われる予定

あまりこういったたぐいの展覧会は
企業色が強すぎて
足がむかなかったのですが
HPをみてみると
そこまではなさそう...

「論より証拠」(?w)
ちょこちょこ行って見てきたいと思います
ザンネンながら土日祝は休館のようなので
さっそく明日
仕事のお休みをいただいて
行ってまいります

レポ乞うご期待!!

suntory_museum_1.jpg

「サントリーミュージアム天保山」
海遊館のすぐ隣。
海と夕陽が美しい展望ギャラリーを持ち
ショップ、カフェ、ラウンジから成る複合施設。


andosuntory.jpg

100年に1度の大不況。
日本で一番いきたくない都道府県NO.1 大阪府。

そこで大阪の救世主
安藤忠雄氏が立ち上がった!!

それは強気である

イジドール・デュカスの謎.jpg

「イジドール・デュカスの謎」
Man Ray(マン・レイ)(1890-1976)

1 良いデザインとは、革新である。
2 良いデザインとは、実用をもたらす。
3 良いデザインとは、美的である。
4 良いデザインとは、理解をもたらす。
5 良いデザインとは、謙虚である。
6 良いデザインとは、誠実である。
7 良いデザインとは、長命である。
8 良いデザインとは、最終的にディティールへと帰結する。
9 良いデザインとは、環境への配慮とともにある。
10 良いデザインとは、可能なかぎりデザインを抑制する。

Back to purity, back to simplicity! (純粋を、純真を、とりもどせ!)


「純粋なる形象」展
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/gallery/index.html
大阪・天保山にあるサントリーミュージアムで開催されています
ギャラリー入口に、この10ヵ条が掲げられています

展示は
ヒゲ剃りで有名なBRAUN(ブラウン)社の
プロダクトデザイナー、ディーター・ラムスさんの作品がメインで
「良いデザインの10ヵ条」を完全に形象化した
美しいフォルムの作品ばかりでした。
ここまで言葉に忠実で、なおかつそれがカッコイイものとなると
納得せざるおえません。w

プロダクトデザインもDTPもデザインする点では同じ。
私の今の仕事の取り組みなどを考えさせられ
一歩前進できそうな気がします!!

携帯用QRコード

携帯サイト用QRコード
このQRコードから携帯サイトをご覧いただけます

About me

プロフィール画像
制作部として出版のレイアウトを手掛けています。人・モノ・場所。いろんな「お尻(知り)あい」で私はいろいろ変化する。賢くなったり、衝撃をうけたり、ホッコリしたり、ときめいたり……そんな「お尻あい」を紹介していくブログです。

Calendar(カレンダー)

Add Clips(アドクリップ)