「アニメ」を含む記事

komatu01.jpg

先週は悲しいお知らせが続きました...偶然だと思いたいです...。

SF作家御三家の一人、アーサー・C・クラーク氏の訃報に続き
星新一氏、筒井康隆氏と共に
日本SF作家の御三家と呼ばれる小松左京氏が7月26日に死去されました。
『日本沈没』や『復活の日』『さよならジュピター』等の作品で一時代を築き、
宇宙開発の振興を目的とした啓蒙活動にも力を入れ、
宇宙作家クラブの提唱者で顧問を勤めるなど、
執筆以外の活動も精力的にこなし
1970年の大阪万博でテーマ館サブ・プロデューサー、
1990年の国際花と緑の博覧会の総合プロデューサーとしても知られています。

クラーク氏の死去に呼応してということではないんでしょうが
日英SF界の巨人がほぼ時を同じくして亡くなられたというのも
なにか凄く感慨深いものがあります...。
こういう連鎖は勘弁してもらいたいものです。

が、まだあるんです悲しいお知らせが...。
あおな的にはこちらの方がショック大かもなのです。

momo01.jpg

劇場アニメ版『北斗の拳』の監督や
TVアニメ『魔神英雄伝ワタル』のキャラクターデザイン等で知られる
アニメーター、アニメ監督の芦田 豊雄(あしだ とよお)氏が
7月23日に死去されました享年67歳。
80年代のアニメファンなら芦田氏の印象はかなり大きいはず
キャラデザとしての
『魔法のプリンセスミンキーモモ』(82年)
『銀河漂流バイファム』(83年)
『超力ロボ ガラット』(84年)
の流れはやっぱ凄いです。

(視聴者の)年齢が少し若い目にシフトさせたら
『機甲戦記ドラグナー』(87年)
『魔神英雄伝ワタル』(88年)
『魔動王グランソード』(89年)
となるんでしょうか、まあほぼ同世代なんでしょうけど
中高生だと2〜3年の差ってのはかなりありますからね^^;

え?まったく知らない??
...せめて『モモ』と『バイファム』は見ましょう!

あらためて亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします...。

PS 伊良部クラゲも亡くなられ...(自殺だとか...)
   どうなってるんだ...。


mami01.jpg
mami02.jpg
mami03.jpg

ほむら」「まどか」とくれば次はやっぱり「マミ」さんでしょう!

商品名 ねんどろいど 巴マミ
作品名 魔法少女まどか☆マギカ
メーカー グッドスマイルカンパニー
カテゴリー ねんどろいど
価 格 3,800円 (税込)
仕 様 ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア・ノンスケール・専用台座付き・全高:約100mm
原型制作 高野明史
制作協力 ねんどろん

まどかの通う中学校の3年生で
面倒見の良いお姉さん的存在の「巴マミ」をねんどろいど化。
表情は「笑顔」のほか「怒り顔」と「絶望顔」をご用意。
「マスケット銃」や必殺技「ティロ・フィナーレ」を放つ巨大な大砲といった武器類や
ティーセットがオプションパーツとして付属します。
さらには「お菓子の魔女」も付属しているので
劇中で繰り広げられる様々なシーンを再現して楽しもう。

はい、作品の評価と方向性を決めたといえる3話の名シーン。
やっぱマミさんのねんどろいどを手に入れたら
まず最初にみんなあのシーンを再現するんでしょうかね^^;

とりあえずここまでは順調にメインヒロイン達が商品化されていってますが
問題はここから...。
いや大丈夫、「けいおん!」でもメイン所は全部出ましたし
安心(?)してじっくり発表を待ちましょう。



SPA01.jpg


こ、これはw

2011年1月から放送されたアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』が、
現在アニメファンの枠を超えて大きな話題になっている。
SPA!編集部でもハマって"魔女化した"スタッフが続々と現れたこの作品は
どこか、出口の見えない現代の社会状況をえぐり出しているように見える。
その作品の魅力や秘密を5人の論者が語り尽くす!

だそうですが...大真面目な論考と考えていいんでしょうか^^;


最近特に一般誌がアニメやゲームの話題を
特集レベルで取り上げることが多くなってきてますよね。
それだけコンテンツとしての価値や認識が高くなってきてるということなんでしょうが
(単純にオタ層の購入で売上が伸びるから?!)
まあ、昔から人気作の「なぜこの作品はヒットしたのか?」の部分は
各メディアでも取り上げられてたりしましたし、
今に始まった訳ではないでしょうが
古くは「ヤマト」や「ガンダム」最近では「エヴァ」や「けいおん!」等など...。
「まどか」はこれらの作品とはちろっと毛色が違うような気もしますし
(まだまだ一般層の認知度からしたら相当の開きが^^;)
ま、だからこそ余計に今、なぜ「まどか☆マギカ」がこれほどメディアに取り上げられるのか
って部分も含めて各メディアが注目(探ろうと)してるのかもしれませんけどねw

最終回後、アニメ・オタ系の雑誌を除いても
5誌以上で特集や記事が組まれてるんですから驚きです。

でもね〜、「ガンダム」や「エヴァ」のように芸能人や芸人が
TVで「マミさん萌え〜」とか「ほむらちゃんマジほむほむ」とか言いだすのも
なんだかな〜とは思うんですけどね^^;

忘れた頃(?!)にやってくる「まど☆マギ」ネタはまだまだ終わりませんよ!
あ、ちなみにローソンキャンペーン怒涛の全敗中、当たる気がしません><
そろそろ「おーいお茶」も飲み飽きてきました^^;

で、今回取り上げるのはもはや当ブログお馴染みとなった(?)「ねんどろいど」シリーズから


homura03.jpghomura02.jpghomura01.jpg

商品名:ねんどろいど 暁美ほむら
作品名:魔法少女まどか☆マギカ
メーカー:グッドスマイルカンパニー
価 格:3500円 (税込)
発売時期:2011/11
仕 様:ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア・ノンスケール・専用台座付属・全高:約100mm
原型制作:鵜殿一佳
制作協力:ねんどろん

大人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』より、
謎めいた言動でまどかに警告を発する「暁美ほむら」がねんどろいどとなって登場!
クールな性格のほむららしい「流し目顔」のほか「怒り顔」「弱気顔」の3パターンが楽しめ。
魔女との戦闘で使用する「拳銃」「バズーカ」「爆弾」「盾」といった
オプションパーツもしっかり付いてます。
さらに今回は「メガネ付き前髪」と「三つ編み後頭部」が付属しており
引っ込み思案だった頃のほむらを再現することも可能。
いや久々に買いでしょうこれは!!

というか、ヒロイン5人分揃えなきゃでしょ!


そろそろ時期的に夏アニメおススメ紹介が来るころかなと
心待ちにしている方も多いかと(え?誰も待ってない?!)
............。
と、のっけからネタ全開なわけですが
それというのも正直今期はあまりおススメ作品がなくって^^;
作品数は多いんですけどね〜
どれもいま一つインパクトに欠けるというかなんというか。
これまでの販売実績やメディア展開を考えると
THE IDOL M@STER』となるんでしょうが
直接アニメとは関係ないとはいえ、原作ゲーム第2弾でケチがつきましたしね^^;
どうしても盛り上がりに欠けるというか...。

ま、そうそう神アニメ連発というわけにもいきませんし
こういう時があってもいいんじゃないでしょうか。

意外なダークホースが現れてくるかもしれませんしね!
夏の終わり際に『○○○○』が熱い!!(または萌え?)とか言ってたらゴメンナサイ^^;
もしかしたら枠で
神様のメモ帳』『BLOOD-C』辺りでしょうか...いや、ないな。


miku062301.jpg
miku062302.jpg


GT300クラスはチェッカーまで息詰まるバトルが展開される中、
初音ミク グッドスマイル BMWが悲願の初優勝を達成した。

最終順位
1 初音ミク グッドスマイル BMW(谷口 信輝/番場 琢)
2 JIMGAINER DIXCEL DUNLOP 458(田中 哲也/平中 克幸)
3 PACIFIC NAC イカ娘 Ferrari(山岸 大/山内 英輝)
4 JLOC ランボルギーニ RG-3(井入 宏之/関口 雄飛)
5 ARTA Garaiya(高木 真一/松浦 孝亮)
6 COROLLA Axio apr GT(新田 守男/国本 雄資)
7 リール ランボルギーニ RG-3(余郷 敦/織戸 学)
8 R&D SPORT LEGACY B4(山野 哲也/佐々木 孝太)
9 HANKOOK PORSCHE(影山 正美/藤井 誠暢)
10 EVANGELION RT TEST-01 IM・JIHAN Shiden(高橋 一穂/加藤 寛規)

昨今何かと話題になることが増えてきた『痛車』。
GTレースにはあまり詳しくないのですが
これって凄いことなんじゃないでしょうか?!

痛車とは...、
車体に漫画・アニメやゲームなどに関連するキャラクターや
メーカーのロゴをかたどったステッカーを貼り付けたり
塗装を行うなどして装飾した自動車や、あるいはそのような改造のこと。
萌車とも呼ばれる。〜wikiより〜

レースに出ているこの車は厳密には痛車じゃないかもしれませんが
(正式なスポンサーですからね^^;)
カーレース業界も萌えキャラに席捲されてしまうんでしょうか?!
販促・宣伝効果とスポンサー(資金提供)双方の利害が合致してれば
問題はないのかもしれませんが^^;
(事実、ミクチームの個人スポンサー数は世界でも例を見ない数ですし)
盛り上がってレース観戦者が増えれば一石二鳥、三鳥ですしね♪

次は覚悟しているでゲソ(イカちゃん3位も頑張った!)


miku062303.jpg

madoka061701.jpg

やっぱりやってしまいましたw
さすがはローソンwww
もはや何もコメントすることアリマセン^^;

iroha061702.jpg

以前春の注目作として紹介したアニメ『花咲くいろは』。
本編も概ね好評のようで、積極的に地元とのタイアップ企画等をすすめてきて
なにかと話題に上ることが多くなってきてるみたい。
そんな中、今回紹介するのは作中登場する
「湯乃鷺(ゆのさぎ)駅」のモデルとなった「のと鉄道七尾線西岸駅」ホームに
4月29日より「湯乃鷺駅」の駅名標が登場したってこと。
現在ホームに4つある駅名標のうち、上り線ホームの穴水方1ヵ所が
「西岸」から「湯乃鷺」に掛け替えられ、赤茶けた錆びの部分等
作品を忠実に再現したものになっています。

iroha061703.jpg
iroha061700.jpg
iroha061701.jpg

車輛や機体をデコレーション又は
作中再現仕様にってケースは最近よくみかけますが
駅舎やホームの建造物(設置物)を再現しちゃうってのは珍しいかも^^;
駅名なんかだと切符や定期券なんかが作品関連で
記念品やプレミア物になったりってのはよく聞きますけどね。

設置以後絶えずファンが訪れているそうで
駅備え付けのノート(ローカル線の駅にはつきものですよね)の表紙も
「いろは」仕様になってるんだとか。

番宣に観光に(そしてオタ?!ファンは聖地巡礼)と相乗効果をもたらすタイアップ企画
これからもなにかと話題になりそうですね。

あ、あおな的にはこれまた以前に紹介した「にっぽん木造駅舎の旅」にも紹介された程に
これぞ木造駅舎って位な味のある綺麗な駅舎とホームにも何気に惹かれます。
アニメ作品も勿論、これだけでも機会があれば訪れてみるのもいいかもですよ〜。
ちなみに、アニメ本編が終わっても半年間は「湯乃鷺」のままなんだそうです。


haruhi060801.jpg


シリーズ累計1650万部超え、4年の沈黙を破って発売された新刊は世界を席捲。
涼宮ハルヒの勢いはまだまだ健在?!と思っていたら、
ハルヒの人気をあらためて感じさせてくれる特集が一般文芸誌で組まれてました。
6月6日発売の文芸誌「ダ・ヴィンチ」7月号で!(それも結構大々的に^^;)

ひと昔?ふた昔?前にもっとも売れている文芸誌は「ドラゴンマガジン」だ!
なんて冗談のようなホントの話が噂されるくらい、
ライトノベルの需要は今でも確かに大きな位置をしめていると思います。
下半分真っ白け文体なんて批判的な意見も聞かれたりしますが
(確かに物によってはかなりアレな内容のものもあるでしょうが^^;)
キャラクター性、ストーリー、そして萌え(燃え)要素の融合による
相乗効果(&アニメ化によるビジュアル要素の追加)は
昨今のメディアミックス展開にピッタリ合うコンテンツとして
やっぱり今のオタ文化には欠かせないものなんでしょうね。

そういう意味でもこの「涼宮ハルヒ」シリーズは
今の萌えアニメを定着させることになった作品と言えるんじゃないでしょうか。
それがなぜハルヒだったのか?ハルヒじゃなければいけなかったのか?
なぜこれだけ人気となり受け入れられたのか?
その一端を知るためにも
特集記事に目を通して見てもいいんじゃないでしょうか〜。

haruhi060802.jpg

あ、ちなみに新刊「涼宮ハルヒの驚愕(前)(後)」の通常版は6月15日(水)発売ですよ。
(初回限定版は5月25日に発売済)

madoka6.3.02.jpg

以前にも紹介したアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のコミカライズ版コミック。
発売即完売を繰り返したりと相変わらずの人気商品で
巻を重ねるごとにその入荷数も鰻登りだったりした訳ですが
この程堂々完結の第三巻が発売されこれまた凄いことに^^;
以下は発売日当日のとあるオタショップの風景...。

madoka6.3.01.jpg
madoka6.3.03.jpg

いやこれはさすがに積みすぎでしょw
お店のスタッフもほんと馬鹿(褒め言葉)ですねw
なにやらあやしいPOPがたくさん貼ってありますが
ジェンガ禁止」って貼り紙がなんともグッドw
でも、これでも数日すれば売り切れちゃうんだから
なんとも凄い話ですね。


madomagi0530_1.jpgのサムネール画像

なんだかお久しぶりかもなオタ食品紹介!
まどか☆マギカネタは毎週(?)って感じですけどね^^;
そんな訳で今回は「まどか☆マギカ」から
「魔女シャルロッテのチョコラスク」と
「マミさんのお茶会クリームラスク」を取り上げてみました〜。

madomagi0530_3.jpg

madomagi0530_2.jpgのサムネール画像


価 格 735円(税込)
発売日 2011年5月26日発売
仕 様 パッケージサイズ:約直径80�×高さ150�
    塩ビケース入り
    それぞれラスクが5枚とおまけシール2枚入り

お菓子の魔女シャルロッテとマミさんをラインナップに並べるあたり
本編を知っている人にとっては思わずニヤリ(納得)なチョイスでしょうか。
本編ネタばれになるので詳しくはふれませんが^^;

おまけそシールはオタグッズとして当然として
肝心のお味の方は...。
店頭POP画像に酷いwネタばれ含む販促コメントがありますがw
いや、まあいつものことですが、いたって普通ですね。
もういっそ極端なネタに走った味でもいいような気もしてきましたw

当然食べても首はもげませんし、
食べられちゃうこともありませんので安心してください!

あとパッケージイラストも可愛い缶仕様なので
食べた後観賞用にしてみてもいいんじゃないでしょうか?
デスクに2〜3個並べておくと可愛いかもですよ。

P.T.oreimo01.jpg
P.T.oreimo02.jpgのサムネール画像





なんだか愛嬌あって可愛いでしょ。
キャラクターアパレル&グッズ販売等でお馴染みの「COSPA」から
当ブログでも何度か取り上げた「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の
人気ヒロイン「高坂桐乃」「黒猫」が
キャラクターペーパートイ「グラフィグ」シリーズに新登場するみたい。


グラフィグ007 高坂桐乃」「グラフィグ008 黒猫
価格:各630円(税込)
サイズ:組立前:515mm×363mm / 組立後:高さ約130mm
発売時期:2011年7月中旬発売予定


「グラフィグ」とは、デザイン集団「NC帝國」のデザイナー・Nasosさんによる
グラフィックデザインとキャラクターフィギュアが融合した
ペーパートイ「キャラクター・グラフィック・フィギュア」プロジェクト。
ノリもハサミも使わずに10分程度で簡単に組み立てることができる新たなキャラクターグッズ。

その第一弾はこれまたお馴染みの「初音ミク」だったり

P.T.miku01.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

ローソンのけいおん!!フェアでは軽音部の5人セットが限定品として発売されたりしてましたね。

昔懐かしい紙飛行機シリーズなんかを思い出しながら
組み立てを楽しむもよし、部屋に飾って楽しむもよし。
ちょっとしたインテリアに気に入ったキャラクターがあれば
購入してみるのもいいんじゃないでしょうか〜♪

http://www.cospa.com/event/id/2160


madoka2011.5.jpg


放送が終了しても毎日(?)毎週(?)話題を振りまき続けている「まどか☆マギカ」。
今回はキャラクター原案をつとめるうめ先生の同人誌が
これまた凄いことになってるんだそうで!!

大人気サークル【apricot+】の蒼樹うめ先生が描く、
魔法少女まどか☆マギカ・アンオフィオシャル(非公式)同人誌が
とらのあなに登場致します!
 マンガ+イラストでお贈りするファン必見の涎モノ仕様!
公式で拝めることが出来ない、蒼樹うめ先生描き下ろしのまどかやほむら、
どれも破壊力が凄すぎる!
全てのまどかファン、そして蒼樹うめ先生ファン必見のアイテム!
この機会を決してお見逃し無いように!!
(とらのあな通販『RKGKMDK』紹介コメントより)

なんとこの同人誌、中古ショップでは16倍のプレミアがついていたり
委託販売が始まった「とらのあな」や「COMIC ZIN」では販売即完売状態!
中には開店前から並んだにもかかわらず、
列途中で完売そのまま解散になったりもしたのだとか><
この辺りは整理券を配らない店側にも問題あったりするかもですが^^;)

そういえば先週発売された公式スピンアウトコミックの方も本編コミック同様
順調な売れ行きのようで、
今やアニメ・グッズ業界では「まどか☆マギカ」関連の物を出せば
何でも売れる?!って感じ?
これからまだまだ関連商品が怒涛の勢いで発売されていくでしょうし
まだまだ「まどか☆マギカ」フィーバー(死語?)は終わりそうにありません!



toaru01.jpg

どこまでいくんでしょうかローソンちゃん...。
これまた当ブログでも何度か取り上げたことがある
とあるシリーズ」とのコラボ企画。

午後茶の時そうでしたが正確には
ローソン×サントリーフーズ×とあるシリーズのタイアップですね
対象商品を買えば貰えるポイント貯めて
欲しい商品に応募するって形

ファンは欲しいグッズがあれば大量購入するでしょうし
やっぱ販促効果あるんでしょうね。

販促といえばとあるシリーズ恒例のルビ読みロゴ、
今回は「とある飲料の販促活動(キャンペーン)」
お約束とはいえ綺麗に嵌ってますね^^;
余談ですがこの「とある式」のロゴ作成ツール
フリーでネット上にあがってたりしますので
いろいろ四字熟語とかその読み方とか閃いたら
ためしてみてはどうでしょうか?

とりあえず3Dポスターはいろいろ無理そうだし^^;
ゲコ太ストラップでも狙いますかw


kon03.jpg




え〜、先週の記事でも取り上げた「けいおん!!ローソンフェア
とりあえず「うちわ」をGETすべく昼食用にちょうどいいかってことで
「けいおん!! ゴールデンチョコパン ミニ」
「けいおん!! 夏フェス屋台風焼そば」 の2つを買ってみました〜。
感想は...

いたって普通!!!!以上!!!!

って、さすがにこれだけではって気もするので
(いや正直この感想以外ないとは思うんですけどね^^;)
個々にちろっとずつ...

kon01.jpgのサムネール画像

まずはチョコパンから
ミニって明記してあるのは作中登場した
オリジナルチョコパンはかなり大きいから^^;
設定では
「桜が丘女子高校の購買部で一日に3個しか入荷しない『幻』と呼ばれる超〜貴重な菓子パン」
だそうですがローソン店舗にはもちろん沢山ありました。
ま、どうでもいいことですね^^;
お味の方は...まさに上記コメント通りなのですが
ミニでも結構ボリュームあってチョコレートホイップクリームもたっぷり
1個でなんと448kcal?!
高校生ならともかく女性の方にとっては危険な代物?!

kon02.jpgのサムネール画像

屋台風焼きそばの方も...うん、いたって普通のUF○か一○ちゃんってところ。
どのへんが夏フェス屋台風なんでしょうかね^^;
パッケージイラストの唯達が夏服ってことだけ??
味にもう一工夫してあればって感じかな。
湯切り蓋が「けいおん!!」仕様になってたのは芸が細かいなとは思いましたけど♪

今回は食品2つを買ってみましたがグッズとしては
17日から対象商品となるこちら2つなんかは
「けいおん!! オイルフリーペーパー(あぶらとり紙)」
「けいおん!! インデックス付箋」
実用性もあっていいんじゃないでしょうか?!

ということで誰かあずにゃんのうちわ貰ってきてください♪(結局はそこ?!)


madokaBD.jpg

3日発表されたオリコンのブルーレイディスク(BD)
週間ランキング(9日付)によると、
テレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」1巻が
約5万3000枚を売り上げ1位を獲得、
化物語」6巻(最終巻)の約5万1000枚(10年7月)を上回り
テレビアニメ最高の初週販売記録を更新した。

最終回の余韻も冷めやらぬ今日この頃
「まどか☆マギカ」がまたもややってくれました!!
発売延期があったにも関わらず驚異的な売上を記録
まあ、発売前の予約状況からある程度予想はされていましたが
ここまでいくとは!毎度ながら恐るべしオタの購買力です^^;
冷静に分析するとDVD購買層がBDに移行しているって点もあるかなと思います。
同DVD売上は約9000枚ですし。
(アニメ作品に関しては今やBDで購入がスタンダードに)
さてこの後は1巻の累計販売数と全巻あわせての累計販売数が何本になるか?
これが楽しみかなと。

本放送をみてない方もこの機会にBD購入して見てみるのもいいかもですよ〜。



K-ON01.jpgのサムネール画像K-ON02.jpg

またまた「けいおん!!」関係のコラボ企画をご紹介。
昨年もおこなわれたローソンとのコラボですね。

キャンペーン期間2011年5月10日(火)〜23日(月)

劇中に登場するゴールデンチョコパンを再現した「ゴールデンチョコパン ミニ」、
劇中歌「カレーのちライス」をイメージした「焼きカレーパン」「放課後カフェオレ」、
キャラクターたちが描かれた「缶キャンデー」「デンタルキット」「ティーカップ&ゼリー」など
タイアップ商品24品を発売。

タイアップ商品もしくは対象のお菓子2個を購入すると、
先着順で『けいおん!!』うちわ(全6種)1枚がプレゼントされます。
またタイアップ商品を購入した人は、
「そうだよ、意地汚いよりっちゃん。いやしいよ。おそまつだよ」など
各お菓子に対応した着ボイス2種をダウンロードすることができます(全20種類)。
このほか『けいおん!!』オリジナル自転車やマフラータオル、ピンズなどが当たる
レシート応募キャンペーンも開催予定。

12月には劇場版の公開も控えてますし
まだまだ「けいおん!!」人気は健在(?)ってことで
グッズ目当てなオタから...以下タイトルへと続く^^;

フェアの内容はまだ納得できるものなのでOKですが
あまり露骨にやり過ぎるとほんとオタ向けにしかならなくなるので
せっかくここまで育ったコンテンツ。
使い捨てにはしてほしくないな〜とか思っちゃいます。(でもそうなるんでしょうね><)
でもほんとよくこれだけグッズを作り(出し)ますね^^;

とりあえず今年の夏の節電対策もかねて「うちわ」だけは貰ってこようかなと。


なにやら定期的に紹介しているような気がしないでもない「ねんどろいど」シリーズw
今回はなんと、NHK総合テレビ『ニュースウォッチ9』天気予報コーナーの
人気キャラ「春ちゃん」の登場です!

haru01.jpg haru02.jpg haru03.jpg
商品名 ねんどろいど 春ちゃん (ねんどろいど はるちゃん)
価 格 3,800円 (税込)
原型制作 伊藤霊一
発売元 DIGITURBO
販売元 グッドスマイルカンパニー

額の春の字はもちろん、髪のウェーブや桜の髪飾りまでかわいらしく再現。
表情は春ちゃんらしい笑顔をはじめ、春の嵐を巻き起こす激怒春ちゃん顔、
風邪や花粉対策のマスク顔をご用意しました。
さらに「桜」と「雨よ降れ」の魔法の杖2本に、
新聞紙の刀、時々登場するペット(?)の白猫がしがみ付いている鯉のぼりも付属。
春ちゃんにほっこりとした気分にさせられちゃってください。

いやはや流石の「ねんどろいど」クオリティー、
今回もキャラクターの愛らしさが存分に発揮されてますね♪
ちなみに秋葉原、日本橋等では発売と同時に瞬殺完売だったとか...。
商品紹介通り、手許に飾ってほっこりした気分で
(ニュースウォッチ9の)天気予報を確認しましょう〜。
買えればですが^^;

ついにキタ!

madoka011.jpg
(本日の『読売新聞』の紙面より)

いや〜、全面広告とは驚きました(恐れ入りました)。

今夜は祭りだ!!

被災地支援のチャリティーオークションに
多くの著名人の方が出品され話題になってたりしますが。
あおな担当(オタ系アキバ系?!)範囲だとやっぱりこれでしょうか、
これまでにも何度かブログでも取り上げたことがありますしね。

noiji02.jpg
noiji01.jpg

なんと余裕の100万OVER!!
さすがです......。

そしてこちらは200万OVER!!
つばすさんすげ〜!
tubasu02.jpg
tubasu01.jpg

この他にもアニメゲーム系イラストレーターの色紙等100万OVERが数点あったり
いや〜オタの購買力恐るべしってところでしょうか^^;

ま、出せる人が出す、被災地の助けにもなりいいんじゃないでしょうか。

放送延期が響いてか?
はたまた「まど☆マギ」成分不足を補うためか?
いやいや既に
今年の流行語大賞(アニオタ業界限定)も確定?!って勢いでネタにされている
あの魔法少女物マスコット中、最強の食わせ者「キュゥべえ」が
な、なんと愛らしいふかふかクッションに?!

qb01.jpg qb02.jpg
魔法少女まどか☆マギカ
キュゥべえ クッション3種セット【コトブキヤSHOP限定】
商品仕様:雑貨(クッション)
素材:ナイロン、ポリウレタン、発泡ビーズ
全高:約300mm
発売:2011年 夏

qb03.jpg

う〜ん、どうなんでしょうね〜w
実用性・観賞用、どちらにしても十分なスペックにはなっているようなのですが
噂によると一番の使用目的は
「ストレス発散用」になるだろうとのこと。
ま、作中のキュゥべえの言動を考えると...納得ですね^^;
魔法少女物におけるマスコットに
類を見ない嫌われ者をボコボコにできる日も近い?

そしてそして、ついに放送再開日時が正式に告知されました!

第11話以降(TBS、CBCにおいては第10話以降)の放送日時が確定いたしました。
各局の詳細は下記となります。
MBS...4/21(木)26:40〜 ※第11話・第12話連続放送
TBS...4/21(木)27:00〜 ※第10話・第11話・第12話連続放送
CBC...4/24(日)26:45〜 ※第10話・第11話・第12話連続放送
長らくお待たせして申し訳ございませんでした。
引き続きの応援をよろしくお願いいたします。

これでひと安心、さあどんな結末が待っているか今から楽しみ
「まどか☆マギカ」もいよいよラストスパートです!

前回の予告通り今期春アニメからおススメをピックアップ!
今回紹介する作品はまさに春にピッタリなタイトル、ストーリーとなっております。

hanasaku02.jpg

hanasaku01.jpg
『花咲くいろは』
原作 P.A.WORKS
監督 安藤真裕
シリーズ構成 岡田麿里
キャラクターデザイン 岸田メル(原案)、関口可奈味
音楽 浜口史郎
アニメーション制作 P.A.WORKS

「P.A.WORKS 10周年記念アニメーション作品」と銘打たれたこの作品、
すでに一部の局では本放送がはじまっていて
一話も概ね好評で順調なスタートを切ったんじゃないかと思います。

ストーリーの方は、
16歳の少女・松前緒花は
ひょんなことから夜逃げをすることになった母親の事情より、
会ったこともない祖母が経営する温泉旅館・喜翆荘で暮らすことに。
緒花は、この旅館で個性的な面々に振り回されながら
時には辛いことを経験しながら成長していく物語。

と、ある意味ベタでお約束なサクセスストーリーな訳ですが
こんな時期だからこそ
直球勝負の爽やかさが、逆に新鮮に映るんじゃないかなとも思います。
また、この作品では作中の舞台を
石川県の温泉街と明確にされていて
ロケ地協力として、湯涌温泉がクレジット表示されてたりします。
また登場キャラクターの名字には
石川県の地域名(輪島、押水、鶴来、和倉)や
金沢市の地域名(四十万、富樫)が使用されており
地元とのタイアップ企画等も積極的に催されていたりします。
この辺の番宣、盛り上げ方はNHKの大河ドラマや朝ドラを思い起こしますね^^;

アニメ作品では、よく放送中や放送後に聖地巡礼とかいって、
作中の舞台の参考にされた建物や場所、
また、明言はされていないがほぼ間違いなくそこが舞台だろうといった場所に
ファンが集まったり、自治体等が町おこしや観光、イベント等に使ったりすることはよくありますが。
放送開始前から正式にタイアップして宣伝や企画を進めるのは珍しいかなと。
舞台とストーリーにその場所、
地域である必然性がある作品とかだとまた別なのでしょうが
「花咲くいろは」の場合は
原作の無いP.A.WORKS 完全オリジナルアニメですしね。
そういえば「まどか☆マギカ」もオリジナル作品ということが
盛り上がる要因のひとつになってましたが
ライトノベルやコミックからの
アニメ化作品が氾濫している(これ自体は悪いことではないと思いますが)状態だと
オリジナル作品ということでどうしても期待してしまいますしね^^;

とにかく、昨今の世情から
とかく暗いニュースや先行きの不安ばかりが目につくTVメディア
燃え(萌え?)展開やサプライズ要素は少ないかもしれませんが
純粋に安心して楽しめ、
和めるひと時(一部昼ドラぽい展開もあるかもですが!)を提供してくれる
そんな作品になってくれることを期待して
毎週の放送を楽しみに待ちたいと思います〜。
興味がありましたら皆さんも緒花ちゃんの成長を一緒に見守ってみてはどうですか?

PS ここで作中の小ネタをひとつ
   劇中に登場する「温泉旅館喜翆荘」の電話番号に掛けると、緒花ちゃんの留守電が聞けます!
   リカちゃん電話とか思い出しますねw

皆様一ヶ月の御無沙汰、如何お過しでしょうか
今月も『月刊まどか☆マギカ』のお時間がやってまいりました!
madoka01.jpg
......と、本来なら最終回を迎え
最高に盛り上がった状態でブログの記事を書いているはずなのですが...。
はい、大震災の影響は魔法少女の上にも及んできています...。

現在『魔法少女まどか☆マギカ』は絶賛放送休止中...。
残り2話の放送はいつになるのでしょうかね。
―――――――――――――――――――――――――――――――
今後の『魔法少女まどか☆マギカ』の放送は当面休止となります。
放送再開の折は公式サイト等にて速やかにお知らせいたします。
ファンの皆様には多大なご迷惑をお掛けしますが、
何卒ご理解を賜ります様よろしくお願い申し上げます。
―――――――――――――――――――――――――――――――
公式からのコメントはこれだけ...。

TV番組等もほぼ通常放送へと戻ってきていますし
復興支援や被災地の方を励ますためにも
エンターテイメントの果たす役割は重要ということは
ブログでも何度か取り上げましたが、
「まどか☆マギカ」の場合...
その内容(かな〜り重いダークな展開)が逆に仇になったような
特に最終回に向けて
ストーリーも佳境に入りよりハードになっていたことが
放送自粛を続けている一因なのかなと。

ここまで様々な話題を振りまいてきた作品だけに
この放送休止が吉と出るか凶と出るか
当初のストーリーを大幅変更して着地するってことは
製作スタッフの顔ぶれをみるとまず無いとは思いますが
なんとか視聴者・制作者ともに
納得がいく形で最終回を迎えて欲しいと願うばかりです。

最悪このまま放送無し、未放送分はBlu-ray/DVDで
ってこともありえるのでしょうか><
なんだかんだで今期春アニメも放送がはじまっちゃってますしね^^;

というか!「まどか☆マギカ」がこんな状態だから
おすすめ春アニメ紹介のタイミングを逃しちゃったじゃないですか...。

え〜、とりあえず『月刊まどか☆マギカ』の方も当面休止、
放送再開の折には『総まとめ!まどか☆マギカ』で
感想等も含めて総括してみたいと思います〜。

ということで次回(?)からは
今期春アニメのおススメを紹介していこうと思います!
ご期待の程を!

これまでにも何度か取り上げてきた、
「ねんどろいど」シリーズと「初音ミク」のコラボがまたやってくれましたよ!

hatsunemiku01.jpg

hatsunemiku02.jpg

hatsunemiku03.jpg
東日本大震災の復興を願い
「ねんどろいど 初音ミク 応援ver.」がチャリティー商品として販売決定!
この商品、1個買う毎に1000円が
グッドスマイルカンパニーを通じて日本赤十字社に寄付されます。
内容は、大人気の「ねんどろいど 初音ミク」に
新規制作の「応援顔と応援旗、応援ポンポン」が
追加された「応援」フルセット仕様。
価格の方は、送料無料の3000円(税込)の応援価格になっています。
被災地の皆さんが元気になれるように
そして日本が元気になれるように、みんなで一緒に応援しよう!

予約は「GOODSMILE ONLINE SHOP」にて開始されていて、
受注締切は2011年4月7日(木)の23時59分まで
出荷は6月下旬の予定。
商品は受注生産となり
期間中に申し込めば全数生産して届けてくれるみたい。

これはもう買うしかない!!

皆様一ヶ月の御無沙汰、如何お過しでしょうか
今月も『月刊まどか☆マギカ』のお時間がやってまいりました。(ぉ
いよいよ凄いことになってきております...。

madomagi01.jpgmadomagi02.jpg

madomagi03.jpgmadomagi04.jpg

madomagi05.jpgmadomagi06.jpg

madomagi07.jpgmadomagi08.jpg

コミカライズ版は発売日即完売...
その後増刷再入荷>即完売を繰り返し
OP・ED曲のCDは瞬く間に店頭から商品が消える始末...。
マスコットキャラ「キュウべえ」の台詞
「僕と契約して、魔法少女になってほしいんだ」は
早くも今年の流行語大賞?!(オタ界隈)と噂されるくらいですしw
さらに関連グッズの予約数はどれもうなぎ登りと
止まる所を知らない勢いで突き進む「まどか」人気。
『月刊まどか☆マギカ』も『週刊まどか☆マギカ』に変更しますか?!w

で、肝心の本編の方は...
はい、放送開始から3分の2を終わった時点で
やはりというかなんというかダークでヘビーなストーリー全開となっております^^;
制作者サイドも放送前のコメント等で
ある程度展開を見透かされないための
ミスリードはあったと認めてるくらいですし
ほんわか魔法少女物で終わるわけはないって思ってはいましたけど
いやはやさすがですw

もうこうなれば前回少し触れた着地がどうのこうのは問題ではなく
(いやキッチリ終わらせては欲しいですけどね^^;)
毎週放送日がまさにイベント状態
次はどうくるか、どうなるか?!をリアルタイムで見届けないと!
祭に乗り遅れるな〜って感じでしょうかw
とにかく最後までこの調子で突っ走ってほしいものです。
で、終わった後にどんな感想・判断がでてくるか
それもまた楽しみだったりしますしね。

とにかく後悔してからでは遅いんです
是非リアルタイム視聴を
貴方も「まど☆マギ祭」に参加しよう〜!

雪景色とともに始まった今週、
そんな天気にピッタリ?なアイテムをひとつご紹介。
以前紹介した「雪ミク」の関連商品にこんなものが^^;

snowmikureammanjyu.jpgyukimikunaka.jpg

『雪ミクリーム大福』
内容 9個入り
価格 ¥1,000

まるで雪のようにふんわり&もっちりした食感が素敵なクリームたっぷりの大福です。
冷やして食べるとおいしさ倍増!個包装にもしっかり雪ミクが♪
さらにおまけのシールもとっても素敵。お土産にはもってこいの一品です!

「さっぽろ雪まつり(2/7〜2/13 既に終了)」会場で販売されていたものなのですが
秋葉原でも11日にゲーマーズ等で販売されていたみたいです。
(そういえばこの日も全国的に雪が積もりましたよね...狙ったか?!)
お味の方も結構いけるんだとか。

雪ミク自体が元々は「さっぽろ雪まつり」に合わせて作られたキャラクターですし
今年は札幌市とまちをPRするイメージキャラクターの協定を結んだみたいで
路面電車が「雪ミク」仕様になったり
大福以外にも色々な商品が出ているようです。
雪まつりでは雪像や氷像にもなってますしね。

romen.jpg

価格の方もまあ良心的ですし、お味もなかなかということで
機会があれば食べて(購入)みてはどうでしょうか〜。

これまでにも何度か取り上げてきた『けいおん!』関係のコラボ企画。
今回はアサヒ『十六茶』とのコラボで
オリジナルストラップが付いてくるみたいなんですが...。

16k-on.jpg16k-01.jpg

まったく、これっぽっちもキャラ(作品)への愛を感じない出来......。
まさにどんな出来でも「けいおん!」って付けとけば喰いつくんだろオタはw
って感がありありと...。
(実際売上は上がってるんでしょうが><)
まあ、向こうも商売ですからわらないわけではありませんが

strap01.jpg

せめてこの画像のキャラ絵をフィギュア化するくらいの気合は見せて欲しいかなと。
ワンフェスの紹介をした後ですしね、技術的に作れないなんてわけがないですし

azusa.jpg

コスト的に無理だとは思いますが^^;

安易な便乗商法はコンテンツそのものの魅力を損なうだけだと思うのですが
いかがなものでしょうか...。

皆様一ヶ月の御無沙汰、如何お過しでしょうか
今月も『月刊まどか☆マギカ』のお時間がやってまいりました。(ぇ

madoka.jpg

前回の記事ではこれからの展開次第?という
なんとも曖昧な表現でお茶を濁すことになったわけですが
放送開始から一ヶ月、ここまでの放送を見ての感想は...

うん、やっぱりうめ先生のキャラクターデザインに惑わされがちですが
ストーリーの方はかなり...いや、すっごくシリアス・ハード展開
予想通りニトロ色の強いものとなってきております。
(脚本がニトロプラスですから当然でしょうが
ニトロプラスは「萌え」より「燃え」を優先する硬派な作風と緻密な世界観が持ち味)
その分、謎や伏線がテンコ盛り、裏がありそうな設定のオンパレードで
この後どうなるの?
これどうなっちゃうの? この意味は...と
次の放送をワクワクしながら待てるリアルタイム感は
原作のない完全オリジナル作品の強みでしょうね〜。
単純な魔法少女物として見ると「えええ〜!!」ってなること請け合いです。

あとは散りばめた謎や伏線をどう収拾して納得した形でまとめるか
これにかかってきているかなと。
1ク-ル作品ですし、ここがまた難しい所
人気を当てこんで(2期制作の為とか)下手に謎を残したり
伏線未回収にすると残念なことになったりしますし^^;

体操競技で例えるなら、
演技の入りはバッチリ、途中高難易度の技を連発し
後は着地さえ決まればメダル確定
着地が完璧なら金メダルもあるかも!って所でしょうか。

とりあえず期待通りの注目作になってきているのは確か
いろんな意味でリアルタイム視聴を逃して
後悔しないように放送日のチェックはお忘れなく!

ワンフェス商品ピックアップ第2弾〜♪

今回取り上げる「ブラック★ロックシューター」という作品は
商品化(グッズ・アニメ・ゲーム)までの経緯がちろっと変わっていて
元々はhuke氏がブログ等に発表したキャラクターイラストに一目惚れしたryo氏が
音声合成ソフト「初音ミク」を用いて曲を作成、
その曲に感激したhuke氏が
さらに映像を付けて動画投稿サイトニコニコ動画で
「初音ミクがオリジナルを歌ってくれたよ「ブラック★ロックシューター」」として発表。
その動画が反響を呼び
半年間で累計再生数が100万回を超えるなど
一部熱狂的なファンを獲得することになります。
以後、フィギュアにアニメ・ゲームと続々と商品化されていっています。

mato01.jpg mato02.jpg mato03.jpg
商品名 figma 黒衣マト 制服ver.
メーカー マックスファクトリー
価格 2,500円
原型制作 マックスファクトリー、浅井真紀

アニメ「ブラック★ロックシューター」より主人公・黒衣マトをfigma化!
表情は微笑みを浮かべた「通常顔」の他、
マトらしい満面の「笑顔」と何かを企んでそうな「企み顔」の三種。
通学カバン、バスケットボール、携帯電話などの付属品で、
劇中での様々なシーンを再現可能としました。
快活なマトらしく、たくさん動かして遊んでください。

BRS01.jpg BRS02.jpg
アニメ「ブラック★ロックシューター」も原作(?)同様
ちろっと変わった経緯で制作発表されてたりします
最終的には2010年12月17日にBlu-ray版とBlu-ray&DVD特装版が発売されましたが
それまでにも様々な方法で発表・配信されており
そのメディア展開が人気獲得にも繋がっているように感じます。
作品自体についてはまた改めて取り上げることになるかもしれませんので
詳しくはその時にってことでご了承の程を^^;
とりあえず一言で言うと「カッコカワイイ!!」
で、今回は「カワイイ」部分を担うマトが登場♪って感じでしょうか。

この「figma」シリーズも「ねんどろいど」シリーズ同様
とても人気のあるアクションフィギュアのシリーズのひとつで
「ねんどろいど」と違ってSD化されていない分
純粋にアクションフィギュアとして楽しめ
その可動範囲の広さや付属品とのバランスは
価格面も含めて手軽に遊べるアクションフィギュアとして
非常に優れた物になっていると思います。
あと「ねんどろいど」同様、シリーズ同士のパーツの取り換えや着脱が簡単にでき
その点も魅力を増す要因になっているかなと。

さわって楽しい、動かして面白い、遊べるフィギュアとして
皆さんの机にもおひとついかがですか?

予告通りワンフェスで販売される商品から
これは欲しい!って商品をピックアップ〜♪

まず取り上げるのは
今なら一般の人でも名前くらいは聞いたことがあるかもしれない
あの「初音ミク」のねんどろいど冬バージョン!
(ミクを知らない方は「ボーカロイド」「キャラクター・ボーカル・シリーズ」あたりで検索していただければ)
(ちなみにあおな、ソフトは持っていますが、「ミク」ありきでソフトの方は上手く使いこなせていません><)

miku01.jpg miku02.jpg miku03.jpg

商品名 ねんどろいど 雪ミク たのしい雪あそびed.
メーカー グッドスマイルカンパニー
価格 4,000円(税込)
原型制作 高野明史

この可愛さ、買わないわけにはいかないでしょう!!
ミクの冬バージョンは昨年も発売されてたりするのですが
今年はさらにグレードアップ(可愛さUP)してますしね♪

この「ねんどろいど」シリーズ、
今までにも数多くのキャラクターが製品化されており
SD(スーパーディフォルメ)化されたフォルムの中にも
キャラクターの特徴を上手く取り込こんで
手軽で可愛いアクションフィギュアのシリーズとして好評を博しています。
あと「ねんどろいど」シリーズの特長として
シリーズ内の製品同士で
各種パーツの取り換えや着脱が可能ということ
例えば、胴体パーツを他のねんどろいど製品と交換して衣装変更したり
顔パーツを取り換えて髪形を変えてみたり
付属の武器や小道具を別のキャラクターに持たせてみたりとか
幅広い遊び方が出来るのも楽しみのひとつ。
「ねんどろいど」用の情景パーツセット
(椅子とか机、各種テーマに沿った(教室Ver.とか)アイテム)も発売されてたりしますしね。

観賞用に飾るもよし、
アクションフィギュアとして遊び倒すもよし、
テーマやショートストーリーを作って写真に撮るもよし。
可愛い「雪ミク」から「ねんどろいど」シリーズを集めてみるのもいいかもですよ〜。

2月6日(日)幕張メッセにて
造形メーカー海洋堂の主催する
世界最大のガレージキットのイベント
ワンダーフェスティバル2011〔冬〕(略称「ワンフェス」)が開催されます。
WF2011.jpg
ワンフェスの歴史を遡れば
大阪は桃谷にあったゼネラルプロダクツ2号店での
プレイベントが始まりだったりします。
ゼネプロといえば、桃谷の初代店舗の手狭さと
ちろっとありえない立地場所がなんとも印象的
当時高校生だったあおなはお店に辿り着くのにかなり苦労した記憶があります^^;
と、ゼネプロの話題はまた機会があればということで。
そうして始まったワンダーフェスティバルも
今は海洋堂が主催となり夏と冬の年2回開催されています。
基本的には
プロ・アマチュアを問わない原型製作者の手に由る
ガレージキット、模型、造形物の展示・販売を主目的としていますが
フリーマーケット、コスプレイヤーのコスプレ等も行われており、
近年では、企業とタイアップイベントを行なう等、商業的色彩も強くなってきています。
この流れに色々賛否両論が上がったりしていますが、
この話題も長くなりそうなのでまた別の機会に^^;

ガレージキットを中心に
模型やフィギュア、スケールモデル好きな方はもちろん
いま初めてちろっと興味を持たれた方にも
昨今の造形技術の進歩を知るには絶好の機会かと思いますよ〜。

ということで、開催までの来週2回の更新では
今回のワンフェス2011〔冬〕限定で販売される
商品からピックアップ(あおなが欲しい)して紹介していこうかなと思います〜。

約2年半ぶりに期間限定で
歩行者天国が再開され話題となっていた秋葉原ですが
そんな秋葉原に以前紹介した
「禁書目録×俺妹」のコラボ企画のひとつ
コラボラッピングバスが周回してきていたみたいです。
kinnsyo.jpg
oreimo.jpg

今やアニメ・漫画作品と
航空会社や鉄道会社のタイアップは普通にありますし
「痛車」「痛チャリ」が当然のように集うアキバでは
日常の風景なのかもしれませんが
やっぱり目の前に停まってるとインパクトあると思います。
販促宣伝用なので窓が大きなモニターになってて
大音量とともに映像が流れてたりしますしね^^;

このラッピングバス大阪にもやってくるようで
周回予定は1月30日(日)10:00〜13:00頃だそうです
どこを走るかははっきり書いてませんが
まあ、日本橋界隈ということになるでしょうから^^;
堺筋あたりをメインに周回するんじゃないでしょうか。
興味がある方は見にいってみては?

因みに
30日には大阪国際女子マラソンもありますし
ラッピングバスを見かけたら
マラソンランナーを迎えるような気持で
旗を振ってあげれば喜ばれるかもですよ!

「魔法少女」繋がりでネタをひとつ。
以前紹介したTVアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の作中、
架空のTVアニメとして登場する『星くず☆うぃっちメルル』。

meruru01.jpg

その主題歌「めてお☆いんぱくと」が入ったサントラが11日に発売されたのですが
これがまたアニメショップ等を中心に結構な売れ行きだとか。
中には、この曲のためだけに購入したって人もいるくらいに...。
以前の紹介でも説明した通り
「俺妹」自体がアキバ系のネタをテーマにした作品ですし
劇中アニメの「メルル」も
その点では色々凝った作りにはなってるんですが^^;
ま、一発ネタとして頭からっぽにして聴いてみましょうか♪
ただ「俺妹」登場人物の一人「黒猫」氏曰く「かなりな電波ソング」だそうで
それ相応の心構えは必要かと...。

はい、皆さん覚悟は出来ましたか?
考え直すなら今のうちですよ?いいんですね?
では、どうぞ〜!

受験シーズン真っ只中、受験生にとっては試験会場はまさに戦場。
そんな受験生に負けず、あおなも戦場に行ってまいりました!
そう、同人誌即売会という名の戦場へ......^^;

tre17.jpg
オールジャンル同人誌即売会といえば
東京ビッグサイトで行われるコミックマーケット(通称コミケ)が有名ですが
関西圏では「こみっく☆トレジャー」が
大規模なオールジャンル同人誌即売会としてよく知られています。
ま、それでもコミケとは比較にならないレベルですけどね。
それでも出展者や参加者の熱意・熱気は負けてないと...言いたい...?!

当日早朝のあまりの寒さに、午後からゆっくり行くか〜。
なんて考えたのは内緒にしておき(ぉぃ
防寒対策も万全にいざ会場へ...。

インテックスの寒さ、はんぱねぇ〜!
南港なんで冬場はいつもそうなんですが
この日はマジここは大阪か??
って、思わず突っ込みを入れてしまうほど寒い!マジ寒い!
開場までの待ち時間は
まさに映画「八甲田山」(古!?)を彷彿とさせ
あおなもなんとか生きのびて開場時間をむかえられた時はほっとしました^^;
でもでも!
外は極寒氷点下の寒さですが一歩会場に入れば
出展者・来場者の熱気で寒さもふっ飛びます!
それもそのはず
皆さん、この日の為に制作した自慢?!の同人誌やグッズをゲットしようと
開場と同時に目当てのブースや企業に突撃していきますからね〜
さすがにあおな年齢的に、最近はまったりと周ることにしてます^^;

会場のあちこちで賑やかな声が上がり
イベントや企業ブース、コスプレコーナーではそれぞれ大いに盛り上がりをみせ
会場の一角ではメイド隊による無料飲料コーナー(こみトレ名物)が設置されており
温かいコーヒーは冷えた身体、疲れた身体に最高の癒しを与えてくれます。
エネルギーも補給できたし、いざ再び戦場へ
といっても、時間もかなりたってきましたし
ゆるりと周るには程良い人の数に
比較的マイナー系なブースや開場時は人だかり・長蛇の列でスル―したブースを
売り子さんやサークルのメンバーとお話しつつ周ります
こういった売り手と買い手の一体感あるやりとりと
思いがけない出会いや
「え?」(実は)そうだったの!「○○さん」知ってる人だった(知ってた!)
なんて話をして初めてわかるサプライズなんかが即売会の醍醐味のひとつ。

たとえ極寒でも(夏は猛暑でも)皆がここへ集まってくるのもうなずけます。
天気は最悪でしたが、皆のパワーを貰って充実した一日でした♪

昔からTVアニメには
確固たるジャンルのひとつとして「魔法少女」物があります。
今日までにも、多くの作品が制作されてきました
古くは「サリーちゃん」や「アッコちゃん」から
「モモ」に「マミ」、「CCさくら」や「なのは」、
現在の王道と言えばやっぱり「プリキュア」シリーズでしょうか。
そんな伝統ある「魔法少女」物にまたひとつ新たな物語が加わります!

magica1.jpg
『魔法少女まどか☆マギカ』
監督:新房昭之
脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
キャラクター原案:蒼樹うめ
アニメーション制作:シャフト 

見滝原中学校に通う少女・鹿目まどかが、
ある朝、黒髪の少女が現れる不思議な夢から目覚めて学校へ行くと、
その子にそっくりの美少女が転校してくる...。
はたしてそれは運命の出会い?それとも?

はい、この制作陣期待せずにはおられません。
まあ王道というよりはオタより、同じ「魔法少女」物でも
ターゲットは「プリキュア」層じゃなく「CCさくら」や「なのは」層でしょうか^^;
でも、いや、だからこそどんな作品に仕上がるか楽しみでしかたありません。
オリジナル作品というのもポイントですしね。

一見キャラクターデザインだけを見ると「?」
このキャラで?大丈夫なの?
って感想をもたれた方も多いかもですが
「ひだまりスケッチ」を知っている(好きな方)なら
なんら問題のないことは勿論
さらに、今まさに絶好調なシャフト制作ときては
作画のクオリティもまず間違いなし
ストーリーの方も、ニトロプラスから虚淵玄氏をむかえて万全の態勢と
後は放送日を待つばかり。
さあ、どうなっているかなと一話をワクワクしながら視聴しました...。

で、今回のタイトルとあいなります。
ある程度、掴みはOKかなとは思います、思いますが、
正直いろんな要素込み(内容・制作陣etc)で
これからどうなっていくかにかかっているかなと...、
いやここまで紹介して(期待させて)おいて、この判断でスミマセン><
でも、どっちに転ぶか判断つきかねたんですもの^^;
良い方に化けてくれることを祈りますよ〜!

とにかく冬アニメの注目作であることは確か
今年は「まどか☆マギカ」の年になってることもある?!ない?

以前、萌えキャラ食品紹介で
かなりアレな商品を色々と取り上げましたが
今回またまたさらにその斜め上をいく商品が発売されるということで
さっそく取り上げてみました!
天使ですしね^^;

kanade.jpg
商品名:「Angel Beats! 天使の麻婆豆腐スナック」
内容:スナック・麻婆豆腐味 内容量50g
特典:ステッカー全5種からランダムで1枚封入
価格:735円
発売日:1月28日(金)

TVアニメ「Angel Beats!」から
美味しい麻婆豆腐スナックが発売です!!
オリジナルで開発し
作中イメージにより近く「かなで」の大好物の麻婆豆腐味を再現しました!

いや「麻婆豆腐の素」も「自宅警備員チップス」も結構どうかと思いましたが
その二つが合わさってしまったというか^^;
麻婆豆腐味のスナック......。
ありなのか?ありなのか??
昨今いろんな味・食品とコラボしたスナックが発売されているとはいえ...。
また商品説明の「オリジナル開発」ってところも微妙と言えば微妙
かなりチャレンジャーな気持ちを持って食してみようとおもいます!
採点の方は発売されてからということで。

追記
ブログでは触れませんでしたが以前紹介したアニメ「侵略!イカ娘」のコラボ商品も発売されてたりします。
「侵略!イカ娘 海の家れもん特製! えびチップスでゲソ!」

ika.jpg
コレ、味の方は普通に「えびせん」ぽくて美味しいでゲソ。

思わぬ食費制限がかかりましたので
年の瀬はタイトル通りごはんをおかずに
香の物で凌いでいこうかと思います。
ならば少しでもメインのご飯に拘ろうと!

yui.jpg
製品仕様
内容/BGG無洗米 合計3,488g(436g×8袋)
特典としてHTTロゴ入り計量カップ(無洗米専用)、唯のイラスト入りダンボールが付いてきます。
産年/平成22年
産地/秋田県
価格/3,980円(税込)

え?これじゃ本末転倒?!
ごもっともです...。

年末年始はお餅と蜜柑で凌ぐのが得策ですね!
というわけで、皆さま良いお年を〜。

MISAKA04.jpg

思わず手を出してしまいました...。

MISAKA01.jpg
シスターズ
「昨今の造形技術の進歩は著しいとはいえ、
このような物までフィギュア化するのはいかがなものかと。
と、ミサカは多少の驚きを持って表明します。」

MISAKA02.jpg
ラストオーダー
「やっぱり、カワイイ物(縞パン)はみんな欲しがるから。
って、ミサカはミサカは煽ってみたり。」


MISAKA03.jpg
シスターズ
「目指すべき最終地点はここでしょう。と、ミサカは期待を込めて提案します。」

ラストオーダー「今なら200円だよ。って、ミサカはミサカは勧めてみたり。」

...善処します。
食費が...。

PS:何時ぞやの「禁書」ネタの解答編ともなっております。

秒速5センチメートル

新海誠監督アニメーション作品。


以前にもこのブログにて書きましたが、
私ぐっさんも日本男児としてアニメに多大な影響を受けて育ちました。
そこで、今回はアニメーションの紹介をします。

shinkai.jpg


あらすじ

小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。
二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。
そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く......。
貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、
その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、
そして彼らの魂の彷徨(ほうこう)を切り取った表題作「秒速5センチメートル」。
3本の連作アニメーション作品。



秋の新作アニメ紹介、今回は番外編〜。
番外編ってことでテレビ放送作品ではなくOVA作品からひとつ。
OVA とある科学の超電磁砲<レールガン>

携帯からはコチラ

以前紹介した「とある魔術の禁書目録」のスピンオフ作品。
惜しまれつつも3月に終了した
TVアニメ版「とある科学の超電磁砲」がついにOVA化。
スタッフ&キャスト陣もそのままに
美琴達能力者が新たな"都市伝説"に挑みます。
アニメーション制作は引き続きJ.C.STAFF

内容の方は
本放送での「幻想御手」事件終了後
美琴は誰かに常に見られているという気配を感じて...。
と、どうやら本編12話と13話の間に起った事件を
完全新作で描いているようです。

はい、禁書目録の方も順調に放送回数を重ねてるわけですが
超電磁砲ファンの方々にとってみれば
予想はしていたこととはいえ
美琴や黒子、初春や佐天さんの出番は皆無(1話でちろっと美琴が絡みましたが)
後半出番は増える(ほぼ美琴のみ)とはいえ
なにか物足りなさを感じてるのも確かでしょう。
そんな貴方に朗報
美琴達がふたたび帰ってきます!
今回はOVAということで、更にテンポよいストーリーに加え
お楽しみシーンも満載だと思いますので
日頃たまった超電磁砲愛を
思いっきりぶちまけてみるのもいいんじゃないでしょうか^^;
いや、黒子ばりの偏った愛はどうかと思いますが......。

発売日は10月29日(金)
超電磁砲ファンの方は間違い無く買いです!
おススメ度は
★★★☆☆(超電磁砲ファン限定★★★★★)って所でしょうか。

猛暑に悩まされた今年の夏
ようやく秋らしい過ごしやすい季節になってきましたね。
といっても、逆に朝晩は少し冷え込むくらいの日があったりと
あっという間に寒い冬がやってきたりするんでしょうね><

そんな短い秋をまったりと味わうためにも
ちろっと優雅に「アフタヌーンティー」なんてどうでしょうか?

慌ただしい時間をしばし忘れてリラックスタイム。
お気に入りのお菓子を頬張れば心も身体もリフレッシュってものです。

ん?そんな時間なんてない...。
茶葉から淹れる手間が面倒...。
ごもっともです...。

そんな貴方にはコレ
「午後の紅茶」!まさにアフタヌーンティー!!
缶紅茶ではありますがこれで少しだけでも優雅な気分を...

1021.jpg

って!しまった〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
トリミングががが!

........................。
........................。
........................。
(折角ここまで優雅な話題ぽくススメてきたのに)

あ〜、とにかく!
買って応募しなさい!
以上!!

追記:
賞品(フィギュア)出来はいまひとつです、もうひと頑張りしてほしかったよロー○ン。
ギター当たったらぐっさんへプレゼント?
キャンペーンの詳しい内容はコチラ。(http://www1.tdp.to/present/keion/index.html)

mizuki_blossom01_t.jpg


既にご存知の方も多い(?)かもしれませんが
以前のアニソン紹介記事中で抱いた妄想が
現実の物になりつつあります...。

「NHK紅白歌合戦アニメソング枠を新設か」(nikkansports.com
「NHK紅白歌合戦に「アニメ枠」ができてスフィアが出場!?」(newakiba.com)

う〜ん、これまた以前の記事でもちろっと触れたように
確かに、NHK自体アニメ制作(オタ向けアニメも含めて)には
かなり好意的(積極的)ですし
これまでにも大晦日に紅白歌合戦の裏番組として
BS11で「アニソン紅白」を放送したり
音楽番組「MUSIC JAPAN」では
アニメソング特集「新世紀アニソンSP」を設けたり
FMラジオでは過去何度も「今日は一日アニソン三昧」を放送したりと
アニソンには力を入れてます。
まあ、「アニソン紅白」の方は仕方ないとしても
「アニソン三昧」の方は人気・聴取率ともかなりのもので
昨今のオリコンチャートの様相とあわせて
いよいよNHKも「表」舞台へと上げざるを得なくなってきたって感じでしょうか。

まあ、話題になるのは喜ばしいことなんでしょうが
これまたいつも言っているように
「裏」は「裏」で楽しんでいる方が
いいような気もしないではないのですが^^;
一億総オタ化=即悪って訳じゃないですが
それがさも普通(当然)になってしまうのは
さすがにどうかと...。
現時点では出場はあくまで噂レベルですから
杞憂に終わるかもしれないんですけどね!

ほんとにいいのかNHK!?

秋の新作アニメ紹介ラストを飾るのは『FORTUNE ARTERIAL 赤い約束』。
...はい、今回も例によって最後はオチ担当です。

fortune-arterial.png

原作はAUGUSTより2008年1月に発売された
PC(18禁恋愛アドベンチャー)ゲームの人気作。略称は「FA」。
前作「夜明け前より瑠璃色な」から約2年半ぶりの新作。
前作同様高い話題性と売上を記録
現在でも根強いキャラクター人気を誇っています。
アニメ制作はゼクシズ・フィール。

あらすじの方は
海上交通の要である珠津島(たまつしま)。
そこには桜の名所・珠津山や
枯れない池と伝えられている千年泉がある。
主人公の支倉孝平はそんな珠津島にある
6年制・全寮制の英国パブリックスクール風名門校「修智館学院」(しゅうちかんがくいん)に
転校してくるのだが、
そこには......。(wikiより)

「とーま、とーま、ねぇ注文したピザまだこないの〜? とーま〜」

秋の新作アニメ紹介三作目は『とある魔術の禁書目録Ⅱ』。
いよいよ本命登場?!
top_main_img_upper.png


原作は鎌池和馬
電撃文庫にて2004年4月から刊行されている超人気シリーズ。
2007年5月号より「月刊少年ガンガン」にてコミック版も連載中
またスピンアウト作品として「とある科学の超電磁砲」が
「月刊コミック電撃大王」にて2007年4月号より連載されています。
アニメでも「禁書目録」が2008年10月から全24話、
「超電磁砲」が2009年10月から全24話、それぞれ放送されました。
アニメ制作は禁書1期、超電磁砲から引き続いてJ.C.STAFF。

内容の方は
超能力が科学によって解明された世界。
能力開発を時間割り(カリキュラム)に組み込む巨大な学園都市。
その街に住む高校生・上条当麻のもとに、純白のシスターが現れた。
彼女は禁書目録(インデックス)と名乗り、魔術師に追われていると語る。
こうして上条当麻は、科学と魔術の交差する世界へと足を踏み入れてゆく。(wikiより)

今、話題性・期待度・人気・作品のクオリティの面で
最も安定している作品のひとつ。
シリアス、コミカル両面から楽しめ
作中仕掛けられた小ネタにニヤリとするもよし
個性的な登場人物に萌え(燃え)るもよし
もちろんネタに走るもよし
ちろっとしたアニメ好きからディープなオタクまで
どっぷり嵌れる良作アニメだと思います。

もちろんおススメ度も高得点
★★★★☆って感じです。

アニメはもちろん、原作、コミックどこから入っても
十分楽しめると思いますので
興味をもたれた方は是非どうぞ、おススメです。

とりあえず今回の紹介はここまで
「とあるシリーズ」とにかくネタはたっぷりありますので
これからも取り上げるていく機会が多々あると思いますよ〜

「とーま、とーま、みてみて、すご〜いさすが桐乃ちゃん人気あるね〜箱にのってるよ〜」

秋の新作アニメ紹介二作目は
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』。
ある意味この秋の注目作?!
e0a939257f45e10aa51c2d113a26eb26.jpg

原作は伏見つかさ
電撃文庫にて2008年8月から刊行されている人気シリーズ。
また2009年3月号より「電撃G's magazine」にてコミック版も連載されています。
アニメ制作はAIC Build。

内容の方は
垢抜けていて勝ち気な妹と、
その妹が隠し続けてきた「実は隠れオタク」という秘密を知ってしまったことから、
不仲だった妹に振り回されることになった兄との関係を描いたコメディー作品。(wikiより)

え〜、かなりオタク向けというか
ある程度オタク系の知識や情報がないと理解できない(面白くない)ネタが頻繁に出てきます^^;
そもそも作品のテーマ自体に
現代のおたく文化を積極的(肯定的)に取り扱っていく意図があり
作中実在の作品名や団体名、ウェブサイト、ネット上のスラング等が飛び交う様は
この作品の特徴(魅力)のひとつになっていたりします。
また、各登場人物(特に各ヒロイン)も
ひと癖ふた癖ある設定になっており
オタク系の趣味(ネタ)をどこまで容認できるかで評価がわかれるかも...。

いわゆる普通の萌え系ラブコメとして見るには
かなりハードルは高いような気もしますが
その点をクリアできればキャラ自体は可愛いですし
ストーリーのテンポもよく
おたく文化の今を感じるには絶好の作品になるかもしれません。
(そしてそのままどっぷりとハマっていく...げふんげふん)
あ、もちろんすでにどっぷりオタクな人には...
ま、ここで言わなくても既にチャック済みでしょう^^;

あと作品の傾向からか
他作品とのコラボ企画やタイアップ企画、ショップ系企業の販促企画等
本編以外のグッズやメディア展開が多いのも特徴のひとつかもしれません。
アニメ放送も始まりメディアでの露出が増えてくると
更に「俺妹」のグッズや企画を目にすることが多くなるかもですよ。

そんな訳でおススメ度は
★★★☆☆って感じ。

とりあえず、どなたかピザハ○ト注文しませんか?

予告通り、秋の新作アニメ紹介いってみたいと思います〜。
まず一作目は『侵略!イカ娘
100604-10.jpg


原作は安部真弘
週刊少年チャンピオンにて2007年の35号から連載されている漫画作品。
アニメ制作はディオメディア。

あらすじは
海洋汚染を続けてきた人類を侵略するために
地上にやってきたイカ娘
しかし最初の拠点として目をつけた海の家すら制圧できず
挙句にそこで働かされるはめに。
果たしてイカ娘が人類侵略を達成する日は来るのだろうか。(wikiより)

って、そこはかとな〜く
どこか某頭の悪いカエルに似た宇宙人一味を思い浮かべたりしますが
あながち間違いではなイカも^^;
こう言うとイカ娘に鰭で叩かれそうですが
まだ奴らの方が真面目(?!)に地球侵略を遂行しているようには感じます...。
(五十歩百歩ですが!)
侵略云々というよりは
侵略先でおこる日常のドタバタがメインなんでしょう。

まあかなり一発ネタぽい感じも否めませんが、
作品の評価はイカ娘にどれだけ萌えられるか
(語尾にはほぼ必ず「 - でゲソ」がつき、また、語中の「 - いか - 」がカタカナになる、また、「 - するか」は「 - するめイカ」と言う)
にかかっているような気もしないではないです。
そういう点では監督の水島努氏はコメディタッチの作品には一定の評価もありますし
どう仕上げてくるか腕の見せ所ではないでしょうか。
(ただ同じキャラ萌え系コメディタッチの『ケメコデラックス!』微妙だったんですよね><)

おススメ度は
★★☆☆☆って感じ。

イカ娘やケロン人達の侵略と同じ程度に
ゆる〜い気持で視聴してみるのがいいんじゃないでしょうか。
「イカ墨の旨味にハマるかもしれないでゲソ」

PS 前回画像でお伝えしたコラボプロジェクト
クリアファイル配付になにかすごい行列ができたとか...。(全人類が並んだでゲソ)

sn_001.jpg

イカと妹が攻めてきたら可愛いわけないよね?

って、まずはそのふざけた幻想をぶち壊す!

ひとつはネタ要素満載でイカにも深夜枠?
ひとつは萌え要素満載でスキキライわかれそうかな?
ひとつはとある要素満載で絶対安定!

と、さっきから食卓を叩きながら
腹ぺこな妹(シスター)が申しております。

しょうがないイカ天でも揚げてやるか
付物はキャベツでFAでいいよな。

なにこれ色々まざってないゲソ?

あおな的「食欲の秋」萌えキャラ食品紹介第七弾。

約一ヵ月の間続けてきた
萌えキャラ食品紹介も今回がラスト。
のっけから大丈夫か?感全開なシリーズでしたが
なんとかここまでこれました
これも皆さんの温かな目が(冷やかな目)があったからこそと感謝しております^^;
そんな期待に応えるためにもラストも張り切っていってみましょう〜!

オチを担当する商品は
「えびてん」より
「えびせんべい えびてん 公立海老栖川高校天悶部」
100820_senbei_ebiten.jpg

100820_senbei_ebiten02.jpg

商品名 えびてん 公立海老栖川高校天悶部 えびせんべい
価 格 840円
内 容 えびせんべい80g
    特製ブロマイド(L判、全7種からランダムで1枚封入)
パッケージイラスト:狗神煌

どひゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
こ、これは、もはや何もいう事はありません><
だ、駄洒落ですか...。
あれこれ説明して泥沼にはまる前にさっさと採点に移りましょう^^;

ネタ度   ★★☆☆☆
パッケージ ★★☆☆☆
 味    ★★☆☆☆
価 格   ☆☆☆☆☆

って所でしょうか...。
さすがオチ担当商品、極端な点数を叩きだしますね...。

と、ここまで合計7品紹介してきたわけですが
まとめ的な感想はというと「萌えキャラ食品」って分野
まだまだ改良・改善の余地大いにありなコンテンツって気がします。
なんというか
こうオタクからいかにして絞り取ってやろうかという意図が強すぎるというか
確かに本来そういう商品だと言ってしまえばそれまでなのですが
それを如何に納得して買って貰えるか
より広い購買層にアピールしていけるかが
この先オタグッズ・萌えキャラグッズの鍵になってくるんじゃないかなと思います。
ファンとしては作品への愛(作品世界の再現度やキャラクター性等)が感じられるグッズ化商品化を願うばかりです。
例えそれが一発ネタであったとしても。
また一般層からみれば、そもそもその存在すらあまり認識してない分野
価格や実際食品としても十分納得できるだけのクオリティを保った上で
商品のインパクト(ネタ要素)を加味した商品展開ができれば
お土産や定番グッズとして
認められるようになってくるんじゃないかなと思います。
「食欲の秋」本番はまだまだこれから
より良い萌えキャラ食品の登場を期待しつつ今回はここまで〜。

あおな的「食欲の秋」萌えキャラ食品紹介、第六弾。

前回いとうのいぢさん関連で「涼宮ハルヒ」が出ましたので
「ハルヒ」繋がりでひとつ。

「涼宮ハルヒの憂鬱」より
『涼宮ハルヒの果汁』。
2010-05-10-152416.jpg


商品名 ポッカ 195カートカン 涼宮ハルヒの果汁
価 格 1本194円 購入単位:1セット/5,800円(税込)
内 容 1ケース[195gカートカン×30本入り]+[オリジナルテレカ1枚]のセット

「涼宮ハルヒシリーズ」を全く知らない(名前を聞いたこともない)って方は少ないと思いますが
簡単に説明すると角川スニーカー文庫より
2003年6月から刊行されているライトノベルの人気シリーズ。
内容はというと
エキセントリックな女子高校生のヒロイン、涼宮ハルヒが設立した
SOS団のメンバーを中心に展開する
ビミョーに非日常系学園ストーリー。
登場人物全員(?)が変人な上に
宇宙人や未来人、超能力者が入り乱れての
毎回、不条理かつトラブル続きの
やや(やや?かなり?)トンデモ系なお話は
キャラの個性とあいまって高い人気を得ています。
アニメの方も2006年4月から全14話が
2009年4月から新作14話を加えた全28話が放送され
昨年放送時の「エンドレスエイト事件」が
各種メディアでも話題になったことはまだ記憶に新しいかも。
2010年2月には劇場版「涼宮ハルヒの消失」が公開されました。
制作はいずれも京都アニメーション。
(ハルヒ→らきすた→けいおん!の流れは萌えのスタンダード??)
作品自体は結構好みがわかれる所だとは思いますが
キャラ人気もあってか
CMや公共のポスター等にもよく採用されていたりします。
作品自体を知らない人も
最近ではロッテのガムのCMで
「ハルヒ、長門、みくる」の三人娘が俳優の生田斗真と共演(?)していたのを見た人は多いかも。

で、肝心の商品の方はというと
「月刊ニュータイプ」25周年記念コラボレーション企画として
株式会社ポッカコーポレーションが商品化。
お味の方は「キレートレモン」等、レモン飲料(商品)では定評のある「POKKA」
ツンデレ青春味ってのがどんなものかは分かりかねますが
ほどよい甘味と酸味(やや酸味が勝ち気味)で飲み心地良く
さすがの仕上がりとなっています。
パッケージの方も角川グループ全面協力ということで
カートカンのイラストからセット購入時のBOXイラストまで全て描き下し
セット購入にはオリジナルテレカもついてくるということで
ファンには嬉しい仕様となっています。
価格も1本単位なら194円とキャラグッズとしては良心的
日本橋や秋葉原でちろっとのどが渇いた時に試しに飲んでみるのも一興です。
そんな訳で採点の方は

ネタ度   ★★★☆☆
パッケージ ★★★☆☆
 味    ★★★★☆
価 格   ★★★☆☆

と、久々の高得点
飲む機会があれば是非どうぞといえる一品です。

あおな的「食欲の秋」萌えキャラ食品紹介、第五弾。

いや〜忘れていたわけじゃないんですよ
ただ、意気揚々と紹介するには
かな〜り微妙というか
ネタ的にもあまりねぇ...。
でもまあここは、おらが街のマスコット
ということで取り上げてみたいとおもいます。
これをきっかけにってのはおケツブログの基本ですからね。

日本橋プロジェクト」より
『音々のサクサク ポンバシクッキー』
『音々のキラキラ ポンバシグミ』
『POmBASHI COFFEE オリジナル音々ブレンド』
ほらやっぱりちろっと微妙でしょ^^;

event034_p1.jpg

商品名 音々のサクサク ポンバシクッキー
価 格 680円
内 容 8枚

event006_p2.jpg

商品名 音々のキラキラポンバシグミ
価 格 420円
内 容 8個

goodsendp35.jpg

商品名 POmBASHI COFFEE オリジナル音々ブレンド
価 格 1,000円
内 容 待ち帰り用コーヒー豆100g(粉)マイルドテイスト
3点ともパッケージイラスト:いとうのいぢ

あおな的「食欲の秋」萌えキャラ食品紹介、第四弾。

「とある科学の超電磁砲(レールガン)」より
『とある黒子の愛情菓子(ラブクッキー)』を。
resize_image.jpg


28_cooky_rulgun02.jpg

商品名 とある黒子の愛情菓子(ラブクッキー)
価 格 840円
内 容 内容量:8枚(ミルク味4枚・いちご味4枚)
    ※クッキーの絵柄は3種からランダム封入
    特製ブロマイド1枚入り(全10種類からランダム封入)

中学に通う先輩であり、ルームメイトでもある御坂美琴(みさかみこと)に
ぞっこんラブラブ(あくまで一方的)な黒子(白井黒子(しらいくろこ))が
「これを召し上がればお姉様もきっと黒子への愛に目覚めてくれるはずですわ」と
本編中と変わらぬハイテンションなノリで焼き上げた
愛情たっぷりなクッキーを商品化。

まあ、ネタとしてはありなのかもしれませんが
まんじゅう、クッキー、せんべいといえば(安易な)お土産の定番、
正直「○○○まんじゅう」「○○せんべい」と発想は同じでしょうね^^;
唯一、ネタ元の作品として一捻り(と言うほどでもない?)してあるのは
商品名である「とある黒子の愛情菓子(ラブクッキー)」の
「愛情菓子(ラブクッキー)」の部分でしょうか

もともとがスピンオフ作品である「とある科学の超電磁砲(レールガン)」
本家である「とある魔術の禁書目録」でもそうなのですが
超電磁砲と書いてレールガンと読ませたり
(当然、巷で作品名を呼ぶ時はレールガン)
「幻想殺し」と書いてイマジンブレイカ―と読ませたりと
登場人物やタイトルにちょっとした言葉遊びが入っていて
それが作品の特徴にもなっていたり
そういう点でネタとしては
「愛情菓子(ラブクッキー)」の名称が全て(だけ)なのかもしれませんけどね。

あ、ちなみに作品内での名称をいくつかあげておきますので
興味のある方はどう読むのかちろっと考えてみてくださいませ〜。
あ、作品自体を知っている方はニヤニヤしていてください。

・禁書目録
・一方通行
・打ち止め
・妹達

と、ようやくここで肝心の中身についてなのですが
語ることは...ありません^^;
クッキーはどちらもいたって普通
絵柄3種、ブロマイド全10種ももはやオタグッズとしては当たり前
価格もボッタクリに違いないでしょうが
クッキー8枚+ブロマイド1枚なら仕方ないレベルでしょうか。
というわけで採点すると

ネタ度   ★★★☆☆
パッケージ ★★☆☆☆
 味    ★★★☆☆
価 格   ★☆☆☆☆

って感じです。

ここはひとつ黒子の愛を感じつつ
10月から放送される「とある魔術の禁書目録」2期を
楽しみに待つとしましょう。

あおな的「食欲の秋」
萌えキャラ食品紹介第三弾。
「けいおん!」を取り上げたんなら
お尻ブログ的には次はやっぱり「天使」でしょう。

って訳で「Angel Beats!」から
『Angel Beats! 天使の激辛麻婆豆腐の素』
あ、お客さん溜息とかつかないように^^;

天使の激辛麻婆豆腐の素.jpg

商品名 天使の激辛麻婆豆腐の素
価 格 683円
内 容 液体調味料2〜3人前
    (内容量180g)×2袋入り
    食券風カード1枚入


あおな的「食欲の秋」萌えキャラ食品紹介第二弾。
一品目がいきなりアレでしたので
今回は、もう少し実用的?なものでいこうかなと思います^^;

当ブログでも度々ネタになっている「けいおん!」から
『〜ムギちゃんの眉毛〜実はこれ、沢庵なの♪』を取り上げてみました〜。

o0333050210419155647.jpg

商品名 〜ムギちゃんの眉毛〜実はこれ、沢庵なの♪
価 格 250円
内 容 200g
原材料名 だいこん(国産)
漬け原材料 ぶどう糖果糖液糖 食塩 発酵調味料 醸造酢 米ぬか 酸味料

9月に入っても残暑厳しく
秋の気配はどこ吹く風?って感じな今日この頃。
ブログの中だけでも秋らしくということで
暫くは秋をテーマに進めていこうと思います!
秋といえば「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」と色々ありますが
僕が取り上げるのは「食欲の秋」。
といっても、あおなが普通にグルメスポットや美味しい食材等を紹介しても
面白くないということで
ここは皆さんの期待通り?!
近年続々と発売され、アキバ土産としても定着?してきている萌えキャラ食品
そんな中から比較的最近発売されて
話題になったものを幾つか紹介していきたいと思います!

まず一品目は『自宅警備員チップス』
abd106f7.jpg
商品名 自宅警備員チップス
価 格 700円
内 容 ポテトチップ(ビーフ味)50g、割り箸1膳、認定証(L判、全10種類からランダムで1枚封入)
パッケージイラスト:藤真拓哉

泣きゲー紹介の「最終回。」って予定でしたが
先日、報道された悲しいニュースを受けて
急遽予定を変更してお送りいたします。
いつかベスト選!のOP編をやる時があれば取り上げようかなと思っていた作品
こんな形で前倒しすることになるとは
思ってもみませんでしたが追悼の意も込めて。

「妄想代理人」より『夢の島思念公園』。

携帯からはコチラ

『千年女優』や『パプリカ』等で高い評価を受ける
故・今敏監督初のテレビアニメ。
2004年にWOWWOWで全13話がスクランブル放送されました。
今監督らしい現代描写や
人物造形にミステリ要素が加わって
「はやく続きが知りたいっ」と放送中なんども唸ってたことを思い出します^^;
とにかく全13話(8〜10話は本筋とは関係のないエピソード)実質10話
視聴するならストレスを溜めない為にも
全話まとめていっきに見ちゃうことをお勧めします。

で、見終わった後、きっと色んな謎や疑問が頭の中にわきあがってくるはずです
そこであらためてじっくりと各話を見直してみれば
また違った感想になるんじゃないかなと。
とりあえず
昨今良くあるミステリ要素のあるサスペンスホラー系で
片付けてしまうには勿体無い作品じゃないかなと。
興味がある方は機会があれば(まとめて全話)是非どうぞ。

全く意図したわけではないのですが(訃報なんて想定するはずありません)
過去記事と「妄想代理人」の
各話サブタイトルの幾つかが微妙にリンクしてるんですよね...。

今敏監督どうかご冥福をお祈りいたします。

アニソンネタ第8弾、ED曲ベスト選6曲目は
「電脳コイル」から『空の欠片』。


携帯からはコチラ

予算スポンサー関係の心配が少ない某公共放送局は
昔から良作なアニメを結構制作・放送しています。
「電脳コイル」もそんな中の一つ。
制作サイドのメインターゲットは小中学生だとは思いますが
ハードな世界設定とシリアス展開
ストーリー上の伏線も多く
大人でも十分楽しめる作品に仕上がっています。
設定・ストーリー上のギミックとして大きな鍵を握るのが「電脳メガネ」
この眼鏡をかけると
現実世界に電脳世界が重なって表示され
電脳ペットや電脳アイテムを
あたかも現実に存在するかのように扱うことができます。
電脳技術は日常広く普及しており
通信・売買はもちろん医療や教育等にも使用され
子供達も普通にメガネを使って生活しています。
当然眼鏡を外して見れば
ペットやアイテムはその場には存在しないんですけどね。
逆に「電脳」の設定以外はキャラクターデザインや背景なども
かなりノスタルジック(古風)な雰囲気で統一されており
そのコントラストが、近い将来電脳コイルの世界が現実になりそうな(既に一部現実?)
錯覚をおこさせ、よりリアルな世界観を作り出すことに成功しています。
子供向け(って括りがいらないかも)と侮るなかれ
全26話機会があれば是非どうぞ。
そして一緒にED曲を聞いて余韻に浸りましょう...。
もちろんデンスケ萌えで!!

アニソンネタ第7弾、ED曲ベスト選5曲目。
今回は恋愛シミュレーションゲームの金字塔
「ときめきメモリアル」から『二人の時』。


携帯からはコチラ

ある意味、現在のアキバ文化全盛を担うターニングポイントとなった一作。
「ときメモ」以前にも
美少女をメインとしたゲーム(俗に言うギャルゲー)や
育成型のシュミレーションゲーム(俗に言う育てゲー)自体は存在していましたが、
あくまでもマニア向けマイナー路線であり、
一般ユーザーからは多少なりとも蔑視されていた事も確か
それが「ときメモ」の人気により
ユーザー側メーカー側、双方に「こういうのもアリなんじゃないか」という認識をもたせ
後の商品展開(所謂オタグッズ系)やゲーム開発(美少女コンテンツとして定着)に
大きな影響を与えることになったのです。
おかげで流行に便乗した粗悪品やヤッツケ仕事も乱発しましたが><
以後、現在までの流れ等興味ある方は調べてみると結構面白いかもです。

そして曲の方ですが、
これはもう「ときメモ」自体をやったかやってないかで評価が分かれると思います、はい。
これまでの作品もそうなのですが
アニソンやゲーム音楽ってやっぱり
リアル視聴体験が大きなウエイトを占めると思うんですよね。
そういう意味では今回の『二人の時』は正に極端な例になるだろう一曲です。
実際見た作品やクリアしたゲームの曲や音楽と名前だけ知っている作品とは
思い入れの度合いが違いますからね、
それがその人にとって特別な作品なら、なおさらです。
で、なぜ僕にとって「ときメモ」が特別な作品なのかっていうと
それは初めて「ときメモ」をプレイした時(勿論PCエンジン版)の
衝撃的な体験が忘れられないからだと思います。
(衝撃的なプレイ内容の詳細についてはブログでは書ききれませんので割愛^^;なぜか友人4人で夕方からプレイし始めたとだけ)

まあ、曲自体は典型的なキャラソンですし、
興味にない方は生暖かい目で聞き流してやってください^^;
そして「メモらー」な貴方は
イントロが流れた瞬間、感涙に咽び泣くがよい!
あ〜、とりあえずわかる人限定で僕のお気に入りは「館林さん」です。

アニソンネタ第6弾、ED曲ベスト選4曲目は
「とんがり帽子のメモル」から『優しい友達』。


携帯からはコチラ

いや〜これまた「古き良き時代」(ちろっと大袈裟!)の
心温まるハートウォーミングアニメの(隠れた)名作です。(結構知ってるって方多いかも)
個人的にはマリエル-オスカー-グレイスの
三角関係の結末にせつなさ炸裂でした。
(当時マリエル押しだったもので^^:)

作品にまつわる小ネタはてんこ盛りなんですが
ここでひとつひとつ取り上げてると
またまた長文になってしまいますので
興味を引かれた方はwikiでどうぞ^^;

アニソンネタ第5弾、ED曲ベスト選!3曲目

今回、正直この作品を取り上げるべきかどうか(メジャーすぎる?)
かな〜りかな〜り迷ったのですが
2009年ベストアニメは
「けいおん!」「化物語」「サマーウォーズ」の3本で
決まりかなとも思ってますし
テレビ局のまわし者ってわけじゃないですが
地上波初放送が6日にありますしね...。
いってみましょう^^;
「サマーウォーズ」から『僕らの夏の夢』。



携帯からはコチラ

ほとんどの方はすでに映画館等で見ておられると思いますが
もし、もし、まだ見ていないって方がおられましたらこの機会に是非どうぞ。
余程の偏屈って人以外は納得の一本です。

メジャー作品なので作品の内容についてはまあ割愛しますが
8月といえば夏休み鉄板アニメの「火垂るの墓」がありますよね
もしかしたら「サマーウォーズ」も今回の視聴率によっては
夏の定番になりうる可能性もなきにしもあらず...。
それだけの魅力は十分持った作品だと思いますしね。

初視聴の方は物語のクライマックス
夏希先輩や健二君、陣内家の皆と一緒になって叫んでると思いますよ♪
そしてEDのこの曲で健二君同様ノックアウトされちゃうってわけです。

アニソンネタ第4弾、ED曲ベスト選!
2曲目は「雲のように風のように」から
タイトルそのまま『雲のように風のように』を。
かなり特殊な形式で放送されたこの作品
おケツブログ読者で
このアニメをリアルタイムで見たって方はどれ位いるんでしょうか?
放送形式の詳細はwikiに譲るとして
当時から作品の内容に比して評価や認知度が低く
隠れた名作扱いされていた時期もあったりなかったり。


携帯からはコチラ

昨今のジブリアニメの人気を考えると
もう少し評価されていてもいいんじゃないかと思ってます、
キャラデザ・作画監督はジブリ映画でもお馴染みの近藤勝也氏ですしね
制作はスタジオぴえろですが。
登場するキャラクターもそれぞれ個性的で魅力があり
中でも個人的お気に入りは
主人公の「銀河」とそのルームメイトの「紅葉」。
特に銀河の「三食昼寝付き!!」って台詞は
銀河の人生を大きく左右するもとにもなり
自由奔放な彼女のキャラクターを印象づける名台詞だと思います。
そんな銀河の声を担当したのは、今や某騎手の奥様って方が有名な佐野量子。
これがまた銀河のキャラクターにピッタリジャストフィット!

本人もアイドル時代は天然系って売りでしたし
すっごく個人的な意見で申し訳ないのですが
彼女の生涯最高のハマリ役はこれなんじゃないかと思ってる位ですから
よくいう奇跡の一本ってやつです。(ファンの方いらしたらゴメンナサイ)
ともかく、そのキャラクター性と佐野量子の奇跡のアフレコ(しつこい^^;)の相乗効果が
銀河を最高に魅力的なキャラクターにしてくれています。

...って曲の説明が遅くなりましたが、
そんな奇跡の佐野量子が主題歌「雲のように風のように」も担当
約1時間半の本編を通して
銀河のキャラと声で押し切ってきたラストにこの曲が
物語の結末(ネタばれになるので割愛)ともあいまって
うん、これはやっぱ反則でしょう(良い意味で)...。

とりあえず、なにか機会があれば見てみても
損はないんじゃないかなと思う一本です。
勿論原作の「後宮小説」もおススメ。
原作からでもアニメからでもどちらからでも楽しめると思います。

まだまだ続くよアニソンネタ第3弾。
今回からしばらくは
独断と偏見で選ぶ歴代アニメ・ゲームED曲ベスト選!
なぜEDからってのは何時かネタに詰まった時にOP編もできそうだから^^;

まずは「聖戦士ダンバイン」より『みえるだろうバイストンウェル』

携帯からはコチラ

当時、リアル中高生だった僕には
かなり衝撃的&印象に残った一作
幻想的な作画と音楽歌詞は
作品の世界観とあいまって
なんともいえない心地良さ(聞き心地)を感じさせてくれます。
今回ブログネタのために久々に聞いてみたのですが
やっぱりちろっとウルッときました。(いまだからこそ?)
当時はまだまだ一年スパンでの放映が主流で
昨今のような1クール(12〜13話)前提、
長くても2クール(24〜26話)で終了
人気次第で2期制作へって流れが当たり前
営業的展開からも2クール放送の場合は
ほぼ途中でOP曲やED曲が新曲に
なんてことはまずなく
OPは当時からも新キャラ新メカの登場で
作画だけは新しくなったりはしましたが(曲は同じ)
EDはほぼ一年間の長いお付き合いとなります。
で、やっぱり一年間も同じED見ていると(聞いている)と
思い入れも大きくなってくるわけですよね(曲も覚えちゃいますし)
ストーリーも佳境に入ってくると
各話盛り上りが凄いですし
その盛り上ったお話の余韻を残しながら
番組の最後にこのED曲が

あ、もう一回全話見たくなってきましたのでこの辺で...。

なぜか調子にのってアニソンネタ第2弾。
春、放送開始アニメの中では
以前からゲーム制作などで高い評価を受けていた
麻枝准氏完全オリジナル作品として話題を集めていた
AngelBeats!

劇中登場するバンド『Girls Dead Monster』通称『ガルデモ』のナンバーから
岩沢、Yuiバージョンそれぞれの『Crow song』をどうぞ。

岩沢Ver.

携帯からはコチラ

Yui Ver.

携帯からはコチラ

今やすっかり定着した感のある劇中演奏された曲を
バンド(ユニット)名そのままに
アーティスト感覚で売り出す流れ
基本的には、作品の盛り上りとキャラ人気に比例すると思われるCDの売上ですが
「AngelBeats!」の場合
作品の認知度以上に売れているような気がするのは気のせいでしょうか。
音楽関係の知識には乏しく、
楽曲自体の出来についてはなんともいえないのですが
こういうノリが受けているって事なんでしょうかね。

余談になりますが、
DSC_4401.jpg
某雑誌が「AngelBeats!」に登場する「天使」というキャラの
携帯ストラップサイズのフィギュアを雑誌の付録につけたところ
普段は次月号が発売される前日でも
大部数が書店の本棚に売れ残っている本が
なんと発売一週間で書店の棚から消え去ったとか...。(アニメ系ショップでは2日で)
「天使ちゃんマジぱねぇ...」
個人的には天使の中の人が何気にお気に入りです、さらに余談ですが...^^;

090622.jpg

SMAPの新曲×福山雅治の新曲×けいおん!!新OP・ED

今やアニソンがオリコンヒットチャートのTOPを飾ることも珍しくなく
人気作のキャラソンはヒットチャートの常連
声優アイドルが紅白に出場して話題にと、
一億総オタ化「エヴァ」や「ラブプラス」は社会現象とまでいわれる昨今。
CD自体の販売枚数が落ち込む中、アニオタ向けの商品展開は
安定した売上が見込める商材として欠かせないジャンルになっています。


携帯からはコチラ


携帯からはコチラ

国民的アイドルグループ×龍馬伝×放課後ティータイム

今や1、2フィニッシュも当たり前??
この勢いが続くようなら年末の......

競馬にたとえるならGⅡクラスには圧勝する力は十分
強豪ひしめくGⅠレースで真の力が試される??

ここであっさり勝ってしまうようでは
本気で日本の将来を考えた方がいいような...。
いやいや、さすがに無いな。

(個人的には今のところ1期が上です)

携帯用QRコード

携帯サイト用QRコード
このQRコードから携帯サイトをご覧いただけます

About me

プロフィール画像
制作部として出版のレイアウトを手掛けています。人・モノ・場所。いろんな「お尻(知り)あい」で私はいろいろ変化する。賢くなったり、衝撃をうけたり、ホッコリしたり、ときめいたり……そんな「お尻あい」を紹介していくブログです。

Calendar(カレンダー)

Add Clips(アドクリップ)